バイク

【バイク】ヘルメットって結局どれがいいの?②

土曜日にtommyと遊んでから、喉の調子がすこぶる悪いnissyです。
昨日は、ヘルメットの安全規格や種類についてまとめました。

今回は数あるメーカーの中で有名なメーカーをピックアップして書いていきたいと思います。

これも完全に僕の主観によるものなので、参考程度、並びに怒らないでください。
これから購入される方の参考になるように、それぞれのメーカーでサイズはいくらのものを使ってきたか記述します。

ARAI


世界で一番有名なヘルメットメーカーがおそらくアライです。ほとんどのヘルメットがSNELL規格を通っているところから、安全に対しての意識が最も高いメーカーかと思われます。

Motogpでは、ペドロサやビニャーレスをはじめとするさまざまなライダーが利用してます。

質実剛健がぴったりなアライ、昔から丸っこい形状に関しては大きく変化はありません。それが良さでしょう。

白のアライで2stのマシンに乗っている人を見ると、めちゃくちゃかっこいいと思っちゃいます。

僕は今もアライを使ってますが(グレードは一番下のやつです...)、被り心地に関しては一番好きです。

内装パッドがすごく柔らかく、密着している感があるので、端的に言うと「実家のような安心感」があります。

他のフルフェイスと比較して、気持ち重たいかなって思います。ちなみに僕は、サイズはLサイズがぴったりでした。

SHOEI


アライと肩を並べるヘルメットメーカーが、ショーエイです。

アライとは違い、色々なことを試すメーカーがショーエイです。

今となってはアライとショーエイで2大ヘルメットメーカーとなってますが、一時期はいろいろなことにチャレンジしすぎて迷走、結果倒産まで行きかけたらしいです。

そこから何とか踏ん張って今の地位まできました。Motogpでは、現在一位を独走中のマルケスが使用していますね。

ショーエイのいいところは、世界最高峰のレースで研鑽したテクノロジーを、すぐにそのまま、低価格で市販品に反映させてくるところかなと思います。最新のX-14、正直ほしい。

他のフルフェイスメーカーと比較して、軽めです(カーボンとか使ってたらまた別です)。

一番最初に買ったヘルメットがショーエイでした。サイズはMサイズがぴったりでした。

OGK kabuto


低価格、高品質を徹底するメーカーがOGK kabutoです。

アライやショーエイと比較して、めちゃくちゃ安いです。しかし、品質に関しては前述の2メーカーにも引けは取りません。

初めてのバイクでヘルメットが高スギィ!となった方はこのメーカーでしょうか。グラフィックデザインでも非常に安いです。

このメットは被ったことがないので、サイズはわかりません。

HJC


OGKと並び、そこそこ低価格で買えるヘルメットメーカーがHJCです。

実はこのヘルメットメーカー、韓国企業です。急に爆発したりしないのでご安心ください。

Motogpでは、ロレンソが昔被ってましたね。

基本的には低価格なのですが、レプリカのメットとなると足元を見た価格帯で出してきます。

アイアンマンやスパイダーマンなどのアメコミヒーローのグラフィックをよく出しているイメージがありますね。

あまり知られていませんが、ヤマハのメットのOEMもしてたりします。こちらも僕は買ったことがないので、サイズがわかりません。

AGV


イタリアのヘルメットメーカー、AGVです。

実は僕的に一番好きなメーカーです。なぜならロッシが使っているから。

イタリアらしく、非常に陽気なグラフィックの多いメーカーです。エントリーモデルは、ロッシのレプリカであっても3~5万円と、そこそこ安めの設定なのですが、レースで使用されているようなハイエンドになってくると、いきなり10万円を超えてきます。

あまり知られていないのですが、ダイネーゼの子会社です。

デメリットとして、シールドが高い事が挙げられます。アライやショーエイはサードパーティ製のシールドが比較的安くで手に入りますが、AGVは純正しかないのでちと高いです。

ハイエンドモデルの後ろについてる透明のディフューザーがあまりにもかっこいいので、貧乏ながら買っちゃいました。img_7513
他のメーカーと比較して、全体的に外観が大きいです。

バイクに乗っている間はいいのですが、降りると頭でっかちになるのがたまに傷です。

ちなみに、PISTA GPとPISTA GP Rの後ろのディフューザーは互換性があります。

サイズですが、アジアンフィットは被ったことがないのでわかりませんが、本国フィットに関してはXLでぴったりでした(ほっぺたがちょっときつい)。

日本人と外国の方では、頭の形が後ろに長かったり、ほっぺたが細かったりと結構違います。

できることなら、外国から輸入しているメーカーは一度試着してから買いましょう。

Icon


アメリカのメーカー、Iconです(自信ないですが、確かそうだった気がします)。

グラフィックが特徴的ですよね。エクストリーム系の方が好んで使うメーカーです。

価格も結構良心的で、僕も一時期使ってました。

被り心地は正直あまりよくないので、長距離には使ってません。上記のAGVと同じく、サイズがシビアで、僕はLサイズでほっぺたがきつかったです。

アマゾンでも3万円ほどですが、ebayで買うと2万円ぐらいで買えちゃいます。

airoh

日本での知名度はかなり低いのですが、オフロード界隈では一定の人気があるメーカーがアイローです。

モトクロス史上最強と呼ばれるアントニオ・カイローリという選手もこのメーカーを使用しています。

特徴は何と言ってもその軽さです。オフヘルはフルフェイスと比較して軽いのですが、アイローのオフヘルはそれを鑑みてもひたすら軽いです。

ハイエンドモデルであるaviator(綴りが違うかも)になると、フルカーボンも相まって異常なまでの軽さです。


実際に使っているのですが、首が全く疲れません。

オフヘルを買うのであれば一番推したいメーカーです。フルフェイスも作っているのですが、それも軽いらしいです。

ちなみに、サイズはLサイズでぴったりです。

いかがでしたでしょうか。今回は7メーカーを紹介しましたが、まだまだヘルメットメーカーは存在します(NOLANとかSUOMYとか、SHARKとか)。

ヘルメットも安い買い物ではないので、悩んで、バイク用品店で試着して、一番気に入るものを買いましょう。

最後に

ヘルメットは結局自分の気に入るものを買うのが一番ってワケ

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.