メンテナンス

トヨタのカーナビで「地図データが読めません 販売店にご相談ください」と表示された時の対処法

どうも、Nissyです。

 

最近買ったハイラックスですが、いきなりカーナビで地図が表示されなくなり、「地図データが読めません 販売店にご相談ください」と表示されるようになりました。

買って間もない車両ですし、年式自体も2018年式のため流石にキレそうでした。

ただ、簡単に治ったので今日はその表示が出たときの解決方法を書いていこうと思います。

 

今回発生した現象

今回発生した現象は、カーナビを使おうとした際に急に地図が表示されずに、下記のような文字が表示されるという現象です。

オーディオなどは問題なく使用できますが、地図だけが表示されません。

SDカードを何回か抜き差ししても解決しませんでした。

使用しているナビはTOYOTA NSZT-W66T

私がハイラックスで使用しているナビはトヨタの純正のナビです。

NSZT-W66Tという品番のものでした。

 

原因

調べていると、TOYOTAのホームページにあるリコール情報の中にありました。

急を要するようなものではないようで、保証期間の延長対応みたいです。

2016年モデル用品ナビゲーションの修理について

不具合の内容

地図SDカードのデータ書き込み制御が不適切なため、SD内部の通信エラーにより空き領域不足となった場合、起動時に地図データを読み込めず、地図が表示できなくなることがあります。とのこと。

地図データが読めませんと表示された時の対応方法

ディーラーにもっていくと直してもらえます。

本来であれば3年または6万kmが保証期間になるのですが、このナビに関しては取付から7年間無償で修理してもらえます。

 

実際に私も近所のディーラーへもっていきましたが、保証期間が延長されているとのことで無償で対応いただきました。

SDカードの取り寄せが必要なのでディーラーへ持っていってから一日ほどかかりましたが、SDカードが届いてからは30分ほどですぐに直してもらえたので一日の我慢ですね。

ちなみに、同じナビを使用していてもSDカード裏面の品番によって対象かどうかわかれるかもしれませんので、必ずしも私のこの現象と同じかどうかはわかりませんので自己判断でお願いします。

 

最後に

ナビが壊れるだけで結構不便だったしナビはやっぱり必要不可欠。

-メンテナンス,

Copyright© 西冨ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.