カスタム

ハイラックス(GUN125)の荷台の純正ベッドライナーをカバーありに交換する

どうも、Nissyです。

 

私が乗っているハイラックスですが、購入当初からベッドライナーがついておりました。

バイクを積むためにはこんなベッドライナーが必要不可欠なのですが、元からついていたベッドライナー、実はテールゲートの上部がカバーされておりません。

 

ラダーでバイクを積む際にテールゲート上部が傷だらけになるので、今回はテールゲート上部にカバーを取り付けていきたいと思います。

 

TOYOTA純正のベッドライナー

実は、TOYOTAの純正ベッドライナーには二種類あります。

参照

テールゲート上部のカバーありとカバーなし。私が買った車両には、カバーなしがついておりました。

おそらくトノカバーをつける場合はカバーなし、つけない場合はカバーありなんでしょう。

トランポするには断然カバーありのほうがいいです。

テールゲート上部のカバーありを購入する

テールゲート上部にカバーがあるバージョンが楽天で売ってました。

楽天ポイントもたまるので、ディーラーで買うよりもお得になりそう。しらんけど。

 

値段もそんなに高くないのでいいですね。

ついでに、サイドの上部プロテクターもあったので購入しました。

 

 

ベッドライナーを交換する

実際に交換していきます。

届いたものはこんな感じ。

ゲートプロテクター(上部カバーあり)の取り付け

早速取り付けていきます。といってもそんなに難しい作業ではありません。

4か所あるめくらをマイナスドライバーで開けて、中にあるボルトを外します。

ボルトを外したら、あとは取るだけです。多分両面(りゃんめん)テープが貼られていると思いますが、気にせずはがしましょう。

はがした後がこちら。

新旧で比較。微妙に柄(?)が違う。

上部カバーありが左で右がなし。

あとは新しいベッドライナーを同じ要領で取り付けていくだけ。

簡単ですね。ちなみに、ベッドライナーがついていない車体はおそらくボルト穴が開いていないので、穴をあける必要があります。

なんかドリンクホルダーみたいなのが付いててテレワークに便利そう

ゲートプロテクター(サイド)とりつけ

今度はサイドのプロテクターを取り付けていきます。

といっても両面テープなので貼っておしまいです。

こんな感じです。

 

最後に

ベッドライナーとかがなく、鉄板むき出しの状態でトランポすると、傷がついてそこから錆びる可能性もあるので極力ベッドライナーはあったほうがいい。

塗装とかありかも。

 

-カスタム,

Copyright© 西冨ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.