Youtube ガジェット

Insta360 ONE Rの紹介!360度カメラと4Kワイドカメラの共存!GoProを超えるアクションカメラ!?

どうも、今年の抱負はバイクを買わないこと、Nissyです。

 

ついに新しいアクションカメラを購入しました。

Insta360 ONE R!

今日はそのアクションカメラのお話です。

 

レンズが交換できる新感覚アクションカメラ Insta360 ONE R

Insta360 ONE Rとは、Shenzhen Arashiという中華メーカーが作っているアクションカメラです。

「Insta360 One R」の画像検索結果

中華製といっても侮るなかれ、素晴らしいアクションカメラを作成しています。

特に360度カメラについては、とても力を入れているだけあって、めちゃくちゃきれいに撮れます。

Insta360 ONE Rの前継機である、Insta360 ONE Xは、実際に使用しておりましたが、最高でした。

当ブログでも紹介しているので、興味がある方はぜひ見てみてください。↓


新しく発表されたInsta360 ONE R は、なんと一眼カメラのようにレンズを交換して、さまざまな撮影方法が可能という、いままでになかったアクションカメラです。

  • 360度撮影用レンズ
  • 4K撮影が可能な標準広角レンズ
  • 5.3K撮影可能な1インチセンサー搭載の広角レンズ

の3種類のレンズを交換して一台で何役もこなせるおいしいところ撮りのカメラに仕上がっています。

価格に関しては下記をご参考ください。

 

360度モジュール&4K標準レンズセット

 

1インチセンサー搭載レンズセット

 

標準レンズのみ

 

今回は、360度レンズと標準レンズセットのツイン版を購入しました。

360度の映像が撮りたいんだから、当然だよなぁ?

 

1インチレンズと360度レンズは部分売りもしているので、どれか一つをセットで購入し、

必要なレンズのみ後で買うという選択肢も可能です。

 

Insta360 ONE R ツイン版 開封の儀

早速あけてみた

早速あけてみたいと思います。

あけるとこんな感じ。

上から、

  • コア&標準レンズ
  • 360度レンズ
  • バッテリー

ですね。

とりあえず全部くっつけてみた。

かっこいい。。。

こんな感じでレンズとコアは外せるので、360度撮影レンズと交換すれば360度の撮影も可能になります。

 

付属品

付属品はこんな感じ

  • 充電ケーブル
  • レンズカバー
  • カバーケース
  • 1/4インチ変換アダプタ
  • クロス
  • 説明書
  • ステッカー

ですね。

充電ケーブルは、うれしいTypeC

360度レンズはレンズ部が浮き出しているので、カバーがあるのはうれしい。

1/4インチ変換アダプタは、3脚等を使うときに帳票しそうですね。

 

カバーケースが完全にGo○roでワロタ。

早速つけてみます。

 

Goproのマウントと互換性があるため、マウントによっていろいろな固定方法が出来ます。

前継であるInsta360 One X は、1/4インチネジだったので、固定方法に限界があったし、結局1/4→goproマウント変換アダプタを使用していたので、

標準でこれはめちゃくちゃうれしい。精神衛生が段違い。

さらにInsta360 ONE Rから液晶パネルがつきました。いちいちアプリと接続しなくても写りが確認できていい感じ。

 

製品使用 スペック

ONE R 4K 広角モジュール ONE R 360度モジュール ONE R 1インチ広角モジュール
レンズ口径 F2.0 F2.8 F3.2
35 mm相当の 焦点距離 16.4mm 7.2mm 14.4mm
静止画解像度 4000x3000 (4:3) 4000x2250 (16:9) 6080x3040 (2:1) 5312x3542 (3:2) 5312x2988 (16:9)
動画解像度 4000x3000@30fps, 3840x2160@60fps, 3840x2160@30fps, 2720x1530@100fps, 2720x1530@60fps, 2720x1530@30fps, 1920x1080@200fps, 1920x1080@120fps, 1920x1080@60fps, 1920x1080@30fps 5760x2880@30fps, 5760x2880@24fps, 5760x2880@25fps, 3840x1920@50fps, 3840x1920@30fps, 3008x1504@100fps 5312x2988@30fps, 3840x2160@60fps, 3840x2160@30fps, 2720x1530@60fps, 2720x1530@30fps, 1920x1080@120fps, 1920x1080@60fps, 1920x1080@30fps
静止画フォーマット jpg、RAW (RAWファイルの編集はデスクトップソフトが必要) insp (アプリやStudioで書き出し可能)、RAW (RAWファイルの編集はデスクトップソフトが必要) jpg、RAW (RAWファイルの編集はデスクトップソフトが必要)
動画フォーマット insv (アプリやStudioで書き出し可能)、 mp4 (カメラ内FlowState手ブレ補正)、LOGとHDR動画対応 insv (アプリやStudioで書き出し可能)、LOGとHDR動画対応 insv (アプリやStudioで書き出し可能)、mp4 (カメラ内FlowState手ブレ補正)、LOG動画対応
動画コーディング H.264, H.265 H.265 H.264, H.265
動画ビットレート 最大100Mbps
ジャイロスコープ 6軸ジャイロスコープ
対応機種 System on Chip (SoC):
A11 or above iOS (iPhone 8, 8 Plus, X 以上)
Kirin 980 以上 (Huawei Mate 20, P30 以上)
Qualcomm Snapdragon 845 (Samsung Galaxy S9, Xiaomi Mi 8 以上)
Exynos 9810 以上 (Samsung Galaxy S9, S9+, Note9 以上)※上記の機種はAIスマート編集機能を含むすべての機能が利用できます。
低スペック機種は一部のみ機能を対応している場合があります。また、プロセッサ集約型のAI関連の機能を利用する際に、スピードが落ちる可能性があります。
写真モード 標準, HDR, バースト, インターバル, ナイトショット
動画モード 標準, HDR, タイムラプス, タイムシフト 標準, HDR, タイムラプス, タイムシフト, バレットタイム, 標準, タイムラプス, タイムシフト
ライブストリーミング 近日公開予定
露出値 (EV) ±4 EV
露出モード 自動, 手動 (Shutter 1/8000s-120s, ISO 100-3200), シャッター優先 (1/8000s-2s), ISO優先 (100-3200)
ホワイトバランス (WB) 自動, 2700K, 4000K, 5000K, 6500K

 

今回から防水性能も追加されています。

また、別売りアクセサリーの外部マイクを使用すれば動画に音声を入れることも可能。

素晴らしい。

また、アプリを使用すればAIが自動で動画を編集してくれるらしい。

 

また、使ってみたレビューやAIでの編集等も書いていきたいと思います。

 

Insta360 ONE Xとの具体的な比較は、下記ページを見ていただければと思います。

360度カメラ Insta360 ONE RとInsta360 ONE Xを比較してみた

どうも、Nissyです。   いままで、動画撮影は基本Insta360 ONE Xを使用していましたが、 つい最近、Insta360 ONE Rを購入しました。 簡単な紹 ...

 

 

-Youtube, ガジェット

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.