バイク

各メーカーの250ccフルカウル(スーパースポーツ)バイクをスペックで比較してみた

どうも、Nissyです。

 

コロナウイルスにより外出自粛していると暇なので、今回は、ホンダ、カワサキ、ヤマハ、スズキの250ccフルカウルバイクをスペック表をもとに比較していこうと思います。

 

HONDA(ホンダ) CBR250RR MC51

HONDA

最近まで単気筒でしたが、パラツインでフルモデルチェンジ。

通称”2ダボ"

ガルアームや、倒立フォークなど、ほかのメーカーよりもお金がかかっている感じがしますね。

CBR250RRのカタログスペック

車重 167
馬力 38
燃費 26.7
最大トルク 23NM/11000rpm
ホイールベース 1390mm
シート高 790mm
タンク容量 14
パワーウェイトレシオ 4.39
希望小売価格 747,000円

 

YAMAHA(ヤマハ) YZF-R25

YAMAHA

最近モデルチェンジしましたね。

倒立やハンドルなど、CBRを意識している感じ。

R25が出たときは、250ccの中でも抜きんでたスペックでしたが、今は各社の競争が激しくなっていますね。

YZF-R25のカタログスペック

車重 170
馬力 35
燃費 27.2
最大トルク 23NM/12000rpm
ホイールベース 1380mm
シート高 780mm
タンク容量 14
パワーウェイトレシオ 4.86
希望小売価格 595,000

 

KAWASAKI(カワサキ) NINJA250

kawasaki

250ccフルカウル、今は大人気のクラスになりましたが、

その火付け役となったのが、カワサキのNINJA250Rでした。

今でも250ccフルカウル業界に尽力し、4気筒のものも発表されましたね。

 

NINJA250のカタログスペック

車重 166
馬力 37
燃費 26.2
最大トルク 23NM/10000rpm
ホイールベース 1370mm
シート高 795mm
タンク容量 14
パワーウェイトレシオ 4.49
希望小売価格 595,000

 

SUZUKI(スズキ) GSX250R

SUZUKI

フルカウル250の中では一番後発のスズキ。

フラグシップのGSXを冠します。

個人的には見た目は一番好きかも。

 

GSX250Rのカタログスペック

車重 178
馬力 24
燃費 32.5
最大トルク 22NM/6500rpm
ホイールベース 1430mm
シート高 790mm
タンク容量 15
パワーウェイトレシオ 7.42
希望小売価格 488,000

 

各メーカーの250ccフルカウルバイクを比較から

車重

車重から比較していきます。

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
車重 167 170 166 178

NINJA250>CBR250RR>YZF-R25>GSX250R

の順番で軽いですね。

でもこのくらいなら、GSX250R以外はそんなに違いはないですね。

 

馬力

次は馬力です。

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
馬力 38 35 37 24

CBR250RR>NINJA250>YZF-R25>GSX250R

の順番で馬力が高いです。

逆にNINJA250とCBRで1しか変わらないんですね。

 

燃費

お次に燃費。

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
燃費 26.7 27.2 26.2 32.5

GSX250R>YZF-R25>CBR250RR>NINJA250

の順番でいいですね。

GSX250Rはスポーツってよりかはツーリングに最適なマシンって感じかもしれないです。

GSXだけ桁が違う。

 

R25がほかのスペックが高い上に燃費もいい。

CBRはあの馬力をこの燃費で出しているのはすごいですね。

最大トルク

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
最大トルク 23NM/11000rpm 23NM/12000rpm 23NM/10000rpm 22NM/6500rpm

これは順位をつけるのが難しいですが、

GSX250Rがすさまじいですね。他と同じパラツインとは思えない。

楽に乗れるはGSX250Rですね。

ホイールベース

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
ホイールベース 1390mm 1380mm 1370mm 1430mm

NINJA250が一番短いですね。

小回りが利くのはNINJAで、安定感があるのはGSX250Rっぽい。

CBRは高速域のコーナリングで安定感を発揮しそうな感じですね。

 

シート高

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
シート高 790mm 780mm 795mm 790mm

R25が一番足つきがいい。

足つきを心配している人は、R25がいいかも。

実際に乗ってみると、シート高ってあまり気にならないですけどね。

 

タンク容量

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
タンク容量 14 14 14 15

これはどこもほぼ変わらないですね。

GSX250Rだけちょっと多いくらい。

燃費も相まって、GSX250Rの航続距離が他に比べて圧倒的に長い。

 

パワーウェイトレシオ

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
パワーウェイトレシオ 4.39 4.86 4.49 7.42

車重÷馬力がパワーウェイトレシオ。

0に近いほどいいです。

CBRが一番良くて、時点でNINJA。めちゃ接戦ですね。

 

希望小売価格

いままでのスペックの比較を見ての、最後に値段。

CBR250RR YZF-R25 NINJA250 GSX250R
希望小売価格 747,000円 595,000円 595,000円 488,000円

CBRが一番スポーティなスペックでしたが、その分圧倒的に高いですね。

それに比べて、NINJAがあのスペックでこの値段と、破格に見える。

R25は平均を取ってきている感じですね。オールラウンドって感じ。

GSX250Rだけがまたしても桁がちがって笑う。

 

総評

どのマシンも、大きく違いはないなっていうのが印象でした。(GSXは完全に他のメーカーとベクトルが違う)

スペック以外にも、メーターとか、見た目とか全く違うので、あくまで一参考程度にしてもらえればと思います。

 

実際に乗ってみると、フィーリングとか全く違うと思うので、自分のバイク選びの軸と比較して、自分が本当に気に入ったバイクが、一番いい(経験上)

これだけ選択肢があると、バイク選びが楽しくて仕方ないですね。

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.