バイク

ピカール(金属研磨剤・コンパウンド)でNSR250Rをピカピカにしてみた【バイク】

どうも、Nissyです。

コロナウイルスにより自粛生活を余儀なくされているため、バイクをピカピカにするしかない人も多いと思います。

ただ、どうしても洗車で取れない汚れがあったりします。

そんな時に活躍するピカールという商品を紹介したいと思います。

 

動画でも上げているので、よければ見てください。


 

錆落とし・ヘッドライトのくすみに最適 金属研磨剤ピカール

名前は聞いたことがある人も多いと思いますが、ピカールとは、早い話が液体状のヤスリです。

 

かなり細かい粒子が含まれており、汚れを削ってくれます。

ヤスリで例えると4000番代くらいの粗さなので、仕上げ用ですね。

ちょっとした錆や汚れ、ヘッドライトのくすみなどには絶大な効果がありますが、

本格的な錆などは、別のさび落としを使用した方がいいでしょう。

ピカールが使用できる金属

ピカールでも、使用に適した金属と適さない金属が存在します。

使用できる金属

  1. アルミ
  2. ステンレス
  3. 真鍮

等は使用可能ですが、

  1. 塗装されている物
  2. メッキ加工されているもの

については、塗装面まで削ってしまうため、使用しない方がいいでしょう。

ピカールの使い方

では早速ピカールでNSRの汚れを磨いていきます。

ひどい汚れですね。。。洗剤でどれだけ洗っても取れませんでした。

用意するものは、

  1. ピカール
  2. ウエス
  3. ガラス系コーティング剤

の3つです。

ピカールで汚れ面を削る

まずはピカールをクロスに出し、きれいにしたいところをそのクロスで拭きます。

それをきれいになるまでひたすら繰り返します。

クロスは適当なものでかまいません。なんならTシャツとかでもOKです。

 

ガラスコーティング剤で表面をコーティングする

ピカールできれいにした表面は何もコーティングされていないため、

そのままにしていると、すぐにまた錆びてしまいます。

なので、表面をガラスコーティング剤でコーティングします。

おすすめはヤマルーブのガラスコーティング剤です。

 

このヤマルーブのガラス系コーティング剤ですが、コーティングしたい場所へ吹きかけてクロスで拭くだけなので、非常に楽にコーティングできるため、洗車後とかの使用もオススメです。

しかもめっちゃ撥水してくれる。

これでコーティング後、少し時間を置けば終了です。

 

ピカール後

BEFORE

う~ん、これはひどい。目も当てられないですね。

AFTER

めちゃきれいになりましたね。

余りにもきれいになりすぎて、光が反射してムスカ大佐になるのが難点ですかね。。。

 

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.