グルメ

大阪府高槻市 焼肉大砲に行ってきました。

おはようございます!西冨ブラザーズのtommyです。

今日は休み明けで気分が最悪な月曜日ですが、日曜日にnissyと食べに行った焼肉がとても美味しかったので忘れないうちに記事にしたいと思います。

今回行くことになった焼肉屋は大阪府高槻市にある「焼肉大砲」という店です。

なぜ行くことになったかというと、まず僕の生活圏に「焼肉大砲」看板があります。

その看板がこちらなんですが、

看板があるのに近くに店がない!どこにあるのかわからない!でもこの雰囲気は絶対ウマい!という感じで日頃からかなり気になっていました。

そして気になり始めて1年以上たったところで我慢ができなくなったので、nissyと一緒に食べに行くことにしました。

ちなみに「焼肉大砲」の看板はポケストップにもなっています。
ポケストップ名は「The Cannon」(カッケェ...)

謎に包まれていた店の場所ですが、Googleで調べるとすぐに出てきました。便利な時代です。

看板の位置から550メートル離れた場所にあります。近くを見渡しても見つからないわけですね。

早速店に向かいました。

時刻は午後5時、この時間ならすんなり入れるだろうと店の扉を開けたら、なんと既に満席でした!さらに現時点で7組待ちであることが判明しました。めっちゃ人気店じゃん!

ちなみに店内は4人席が5つほどの小さめの店なので、7組待ちとなると一回転以上待つ必要があります(笑)

その後7時前に店から電話があり、念願の店の中に入ることができました。
(2時間待ちw)

席に着きまずはドリンクを注文します。

nissyはペプシコーラ、僕はCCレモンを頼みました。コーラは瓶、CCレモンは缶で出てきた瞬間、「この店は分かってるな。」と思いました。

ウェルカムドリンクから最高のおもてなしを受けnissyと絶賛しているとメインディッシュのお肉が登場しました。

お皿の上から時計回りに「あばら」「たん」「ロース」です。
出てきたお肉はキラキラしていてトリコの世界を彷彿とさせました。
この店は「あばら」が人気だそうですが、焼肉界の先鋒といえば「たん」と相場は決まっています。

焼かれる「たん」と焼く「nissy」。(ちなみにnissyは左利きです)

絶妙な焼き加減も相まって、絶妙な歯ごたえと絶妙な味付けが絶妙すぎました!めちゃウマです。

ちょうどいいところに白飯も登場!

やっぱり肉と米は最高の組み合わせです。
日本人でよかった。

お次は「ロース」です。

相も変わらずnissyが肉を焼きます。神がかり的な焼き加減でこの写真だけでも白飯が食べれそうです。今夜のオカズはこれに決定。

ロースは噛むごとに肉汁が程よく溢れ、その肉汁と店のオリジナル焼肉のたれがシンクロ率100%で極上の味に昇華されています。
お肉自体もすごく柔らかくてとろけてしまいそうです。

そしてロースを焼いている途中で新たなお肉が登場しました。

「みの」さんと「はらみ」さんです。

この2人は僕が焼肉に行ったときに必ず頼む大好物です。

僕の焼肉人生においてかけがえのない家族のような存在です。

早速nissyに焼いてもらいましょう♪

「みの」は焼き加減がわかりずらいのですが、僕レベルになるとグルメ細胞が焼き加減を教えてくれます。
最高の焼き加減と食感を楽しみました。

「はらみ」はご飯との相性が抜群です。
「ご飯をたべる ならば はらみを食べる」
この命題は常に「真」です。

そしてほとんどの肉を食べつくしたその先に待っているのは「あばら」です。

「あばら」はゴロゴロとした形が特徴です。見た目どおりとてもボリューミーです。

味はお察しの通り美味。実際に行って食べてみてください!としか言いようがありません。

2人で
「たん」1人前
「ロース」2人前
「みの」1人前
「はらみ」1人前
「あばら」2人前
を食べましたが、結果すべて美味でした。(証拠としてグルメ細胞が進化して僕の捕獲レベルは50くらい上がっています)

これに白飯とウェルカムドリンクを1つづつでお値段も7800円とリーズナブルです。
(なんと一人3800円!)

ということで僕と同じように「焼肉大砲」のことが気になっている人がいれば迷わずに行ってみることをお勧めします。

思った以上に人気なので日曜日はかなり待つことになると思いますが、僕の経験から5時くらいにいけば7時くらいに入れるということが分かったので参考にしてください。

それでは昨日の記憶をおかずにして今日はサトウのごはんでも食べたいと思います。おやすみなさい。

 

-グルメ

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.