バイク

鈴鹿ツインサーキットでMorning Practiceしてきました

いつも家に帰ると姉貴が大音量でにゃんこ大戦争の実況動画を見ていてほとほとあきれているnissyです。

つい一週間前はまだ肌寒い程度だったのに、ここ最近の気温は完全に夏ですね。
バイク乗りのみなさんはやっぱり夏が一番好きなのではないでしょうか。
空から照らされる紫外線、股下からくる熱気、どれも最悪ですよね。
でもあのタイヤのグリップ感はやっぱり夏でしか感じることができないものだと思います。

ということで、7月の1日、昨日鈴鹿ツインサーキットの朝練に行ってきました。
朝練は文字通り朝の練習なのですが、一度にコースインできる台数が決まっているので、
ある程度は自分のペースで走ることができます。
(最近のラパラは急に人口が増えたのか、Aクラスですらサーキット内をマターリツーリングしているような気分になります。SuperHi走れるようになれよといわれればそれで終わりなのですが)

サンバーバンで山道と高速道路みたいな一般道を1時間半運転し、鈴鹿ツインサーキットに到着しました。
常にSMCRに煽られているんだが?と思ったら載ってた図です↓


隣のGSX-S1000は、平日に会社の喫煙所で化石になっている反動から、急激にサーキット走行に傾倒してきたT-Dragon君のです。
最近は「筋トレは人生最高のソリューションだ」をモットーに筋トレをしていた結果、だいたいのことは筋肉が解決してくれると、完全に脳が筋肉に支配されてしまいました。挙句の果てにはマッチングアプリで筋肉を自慢し始めましたし、こうなったのも日本の企業が週休2日制だからだとしか考えられません。
松下幸之助が週休2日制を提唱したらしいですが、普通に考えて5日働いて心身共に疲れ果てた体を2日で癒せと言われても、それはもうパワハラです。

肉ダルマと日本の将来を憂いた話はいったん置いて、実際に走行が始まりました。

「後輩に背中で語る存在でありたい」そう言った彼はコースに吸い込まれるように走り去っていったって感じの写真です↓

二か月ぶりぐらいに走ったので、乗り方を忘れているかな?と思いましたが、割と走れてます。
朝練は、上から「motoクラス」「ウサギクラス」「カメクラス」「チャレンジクラス」と、4つのクラスに分かれています。
だいたい、一周の基準タイムが

motoクラス   1:10:00をコンスタントに切るクラス
ウサギクラス   1:15:00をコンスタントに切るクラス
カメクラス    1:15:00を下回るタイムで走行するクラス
チャレンジクラス 初めて走行する、久しぶりに走行するクラス

です。久しぶりに走るので、ひよってウサギクラスを走りましたが、motoクラスに行けばよかったなと後悔。

朝練は一回25分の走行枠で、2600円です。(割にあっているかはわかりませんが、満足度は高いです。)
ただ、25分間走り続けると、かなり体力を消耗します。僕は15分で体力が切れます。
八耐に出ているライダーたちはハルクか何かか?と思わざるを得ません。

へとへとになりながら本日の走行は終了しました。久しぶりの走行に僕の髪の毛もうれしすぎて縦横無尽にはね散らかしてます。
今月中にまた行きたいな~と思いますが、タイヤがもう限界かもしれません。
15分を超えたあたりから熱ダレしているのか、急にグリップ感がなくなります。なんだかんだ履いてから1年近くたっているので、次はレーステックでもはこうかと思います。そのときはまたインプレッションします。

サーキット走行は敷居が高いと思っている方が多数いますが、意外と気軽に走れます。
ツナギとブーツとグローブをそろえることが敷居が高いのかもしれませんが・・・
来ている人もスパルタンに走っているってよりかは楽しんで走っている方のほうが圧倒的に多いです。
隣に来たオヤヂと仲良くなって、「明日は来ないの?きなよ、楽しいよ」と保険の教科書に書いてある麻薬を進める友人のようなことを言ってくる人もいます。(完全に感情をなくしてひたすらバンクするだけの機械と成り果てていた中学生ぐらいの子どももいましたが)
ぜひ、少しでもサーキットに行きたい!と思っているならば、ぜひ走ってみてほしいです。

以上で、本日のブログを終了します。

良いバイクライフを

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.