グルメ 料理

スキレットを買ってみた

どうも、アウトドア寄りのインドア派、nissyです。

アウトドア寄りのインドア派って意味がわからないですよね。普通の人であれば「玄関の事かな?」って思うと思います。

ちなみに、僕は根っからのインキャですが、これでもキャンプが人並みに好きです。

なので、キャンプで使っているとなんかエモいスキレットを買ってみました。今日はそれの話です。

スキレットとは

スキレットっていうのは、全て鋳鉄で出来たフライパンの事です。

持つところまで鋳鉄なので、普通に熱いです。

フライパンとして終わってる気がしないでもないですが、エモいのでokです。

蓄熱性が高いから素材の味が引き立つらしいです。しらんけど

僕が買ったスキレット

僕が買ったスキレットはこちらです。

キャンプギヤを持っている方なら知っているであろうメーカーの、キャプテンスタッグです。

質の良いものを手頃な価格で提供してくれているので、僕が持っているキャンプギヤの殆どがキャプテンスタッグです。

色々なメーカーがスキレットを売っているので、是非エモいスキレットを探してみて下さい。

有名どころで行くと、

ニトリ

ロッジ

などがありますね。

シーズニングは忘れるな

スキレットを使う前に、必ず行わなければ行けない儀式が存在します。それがシーズニングです。

カオスソルジャーもカオスの儀式でしか召喚できないですよね。それと一緒です。

シーズニングとは、スキレットの表面に油を塗って馴染ませる作業です。

最近はシーズニングが元からされているスキレットも販売されておりますので、面倒くさいことが嫌いな方はシーズニング済みの物を買ってください。

作業としては、

  1. 洗い
  2. 空焚き
  3. 油塗布
  4. 野菜を炒める

です。

1.洗い

に関しては特に説明不要かと思います。

洗剤とタワシで錆止めを落とします。

この時、金属のタワシでは洗わないでください。傷跡からどんどん錆びていきます。

2.空焚き

ですが、水気が完全に切れるまで空焚きしてください。

3.油塗布

ですが、文字通り油を塗ってください。

オリーブオイルが一般的ですが、サラダ油でもいいかと思います。

4.野菜を炒める

が一番手間です。

野菜をいためて、鉄臭さを取ります。食べられる野菜だともったいないので、

適当な屑野菜を使いましょう。

僕は屑野菜がレタスしかなかったので、レタスでしました。

 

できれば、ニンジンとかの香味?野菜を使いましょう。

レタスでも特に問題ありませんでしたが。

 

この1~4の作業を、4回ぐらい繰りかえしたら完了です。

実際に使ってみた。

ちょうど、直近でBBQをする予定があったので、使ってみました。

 

どうですか?雰囲気おしゃれじゃないですか?

僕は、オリーブオイルにペペロンチーノの素を入れました。

鶏肉を焼いているのですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

セブンイレブンの揚げ鳥みたいな味でした。

 

スキレットは、使用した後に洗剤を使って洗わず、水洗いするのが一般的です。

そのほうが"”味""が出るからだそうです。まるで古着みたいで手間がかからずいいですね。

みなさんもぜひ使ってみてください。

 

最後に

やけどした。

-グルメ, 料理

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.