ガジェット バイク

【バッテリー上がり】ジャンプスターターって知ってますか?【怖い】

どうも、よくバッテリーを上げさせてしまうnissyです。

よっしゃ、バイク乗ろう!っと意気込んでセルを回したときに、「キュキュ....キュ...チチチチチチチ!」と音がしたときの絶望感といったらないですよね。

僕は以前、サーキットでの走行会に行ったときに、お金を払ってさあエンジンをかけよう!としたときにバッテリーが上がった時があります。

その時の僕です↓



そんなときに救世主が現れました。走行会運営者が、モバイルバッテリーみたいなものを車体のバッテリーにつなげてくれました。

そしてセルを回すと、エンジンがかかりました。これはなんだ!?と調べると、ジャンプスターターと呼ばれるものでした。

ジャンプスターターとは

通常、もし車やバイクのバッテリーが上がった場合、他の車とブースターケーブルでバッテリー同士を繋いで、ほかの車からエンジンを始動されます。

それを、携帯を充電するモバイルバッテリーみたいなやつで代替するものです。

↓こんな感じのものです。

小さいので持ち運びにも困りませんし、スマホを充電することもできます。

旅行の際は持っていくといざってときに便利です。



実際に使ってみた

一時期、690SMCRのバッテリーが死んでいた際に死ぬほど重宝しました。

私が使用しているものはこちらです。↓

あいにく、使用していた際の写真が残ってませんでした。

手順

基本、バッテリーを交換するときと同じ手順です。

  1. 赤色のクリップをバッテリーの+端子に接続
  2. 黒色のクリップをアースに接続
  3. キーをON
  4. セルを回す
  5. 黒色のクリップを外す
  6. 赤色のクリップを外す

です。

結果

めちゃくちゃ普通にエンジンがかかった。

安物なのでいつ爆発するか心配でしたが、購入してから2年。

問題なく使用できてます。

最後に

ジャンプスターターはいざってときの最終手段です。

そうなる前にちゃんと交換しておこう。

-ガジェット, バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.