バイク

【格安】サンバーバンがバイクを積むのに最適な件【トランポ】

どうも、北海道出張から帰ってきたnissyです。

本島では春の訪れを感じさせる暖かさでしたが、札幌は普通に氷点下で凍えるかと思いました。

試される大地の異名は伊達じゃないですね。

今日は、僕の愛車サンバーバンについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

サンバーバンとは

サンバーバンとは、SUBARUが出している軽バンです。

トランポとして購入しました。

軽では珍しい、4気筒エンジン。

また、リアエンジン配置や四輪独立懸架サスペンション、グレードやモデルによってはスーパーチャージャーもついてたりします。

実質kawasakiのH2とポルシェを足して割った車ってワケ。すごい。

4気筒の660ccなんで、実質スバル製のGSX-R600でもある。すごい。

車体価格は大体20万くらいでした。

 

維持費

気になる維持費です。

お金がある方は、大人しくハイエースを買いましょう。絶対そっちの方が便利ですし、

サーキットとかで優越感に浸れます。ハイエースで行ったことないのでわかりませんが。

 

4ナンバーなので、重量税がめちゃくちゃ安いです。4000円くらい?確か。知らんけど

ジスペケの方が高いぐらい。

4ナンバーや1ナンバーなどの貨物登録車でネックなのは、車検が1年に1回ある…ってところだと思うのですが、軽自動車の場合、2年に1回でいいです。

お財布にめちゃくちゃ優しい。

年式

サンバーは1961年から生産されてます。

その中でも、6代目(1999〜2012)の年式がトランポにオススメです。

6代目であれば、マイナーチェンジこそあれ、荷室の広さとかはそんなにかわりません。

1999年以前は旧規格のサイズなので、荷室が狭いです。下手するとバイクが乗らない。

逆に、2012年4月以降のサンバーは、ダイハツのOEMです。なので、SUBARUのエンブレムをつけているただのハイゼットなので、3気筒なので面白くなさそう。

グレード

サンバーバンには、

  • VB
  • トランスポーター
  • ディアスバン
  • ディアスワゴン

があります。

上からグレードが高くなっていきます。

まぁ、シートだったりパワステだったりキーレスだったり、パワーウィンドウがついてるかどうかぐらいの違いしかないので、走行中の快適さがほしい方はいいグレードのものを買いましょう。(ディアスワゴンは5ナンバーなので注意)

ちなみに僕のサンバーはキーレスレスです。

また、パワステがついていなく、ドンガラなので、実質環状族のシビック Type R EK9。

スポンサーリンク

実際に積んでみた。

この記事を読んでいただいている方の大半は、走り心地とかはどうでもいいから、

自分が乗っているバイクがサンバーバンに乗るかどうか気になっているんだ、って方が多数だと思うので、

とりあえず四の五の言わず、積んでいる写真を。

載せるときにはラダーとタイダウンが必須です。

 

 

2019/10/20追記

ラチェットで車体をサンバーバンに固定するわけですが、

そのままだとラチェットをひっかける箇所がありません。

 

ボルトを取り付けられるネジ穴が荷室の前方と後方に4か所あるので、

こんな感じのアイボルトをつけたほうがいいです。

 

690SMCRを積んでみた。

荷室はフラットなので、非常に積みやすいです。

690SMCRは、フルサイズのモタードバイクなので、結構車高が高いです。

フロントフォークを縮めると、乗ります。

モッサーとかもフロントフォークを縮めると乗ります。

 

2019/10/20追記

RMZ250 を購入したので、サンバーバンに乗せてみました。

フロントフォークを縮めればなんとか乗るのですが、

高さがぎりぎりです。

 

モッサーを載せるのであれば、軽トラのほうが楽です。

バンの方が万が一の時は安心ですけどね。

GSX-R1000を積んでみた。

余裕。

GSX-Rが載せられるなら、フルカウルのバイクは大体入るでしょう。

サンバーがあまりにも優秀すぎる。

スポンサーリンク

最後に

ハイエースほしい。

 

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.