Youtube

Twitterで動画にYouTubeのリンクを埋め込む方法

ブンブンハローどうもtommyキンです。

突然ですが、最近YouTubeに動画投稿されている方が増えてますよね。(僕もですが)

そんな方々ならTwitter等のSNSで自分の動画をシェアしたいと考えると思います。

しかしTwitterにはYouTube動画を埋め込むことができないので、普通にやっていると動画の冒頭1分くらいとURLをツイートに貼り付けて投稿するくらいしかやり方がありません。

こんな感じです。

これだとURLで結構文字数を使ってしまうので、動画のツイートとURLのツイートを分けたり、文章量を少なくしたりといった工夫も必要になってきます。

その割にTwitter上での動画の再生数と比べてリンクのクリック数は少なかったりするので残念です。(僕だけかもしれませんが笑)

しかし、この後で紹介する方法を使うと動画自体にURLを埋め込んで、下の画像のようにYouTubeへ誘導することができます。

実際に数字では確認していませんが、この方法の方がYouTubeへの誘導はうまくいきそうな気がします。あと単純にツイートがスッキリして見やすくなります。

今回は手っ取り早くその方法をご紹介します。

やり方

僕は色々調べながらやったので結構時間がかかりましたが、それを一瞬でできるようにまとめていきます。(文字を読むのが面倒な人は画像だけ見てください)

今回の肝としては先ほどのツイート画像のところで確認できる「Twitter Ads」というクライアント名です。

この「Twitter Ads」が使えれば動画にリンクを埋め込むことができます。

そのためにはまずTwitterのアカウント上でいくつかの準備が必要です。

はじめにスマホのTwitterアプリとかではできないので、PCかタブレットのブラウザでTwitterにログインします。持っていなければスマホのブラウザでデスクトップサイトを表示してもできると思います。

Twitterのアナリティクスを有効にする必要があるので下記画像の通りに有効にしてください。



できたらアナリティクスのページの右上のTwitter広告に登録をクリックして下記の通りに進んでください。





上の画像のところまできたら、右上のアカウント名のところをクリックして「クレジットカードを追加」からクレジットカードを登録します。(特に支払いは発生しませんし、登録してすぐに削除しても大丈夫です。)

そうするとTwitter広告のホーム画面の上部に「キャンペーン」「クリエイティブ」といったタブが出現します。

「クリエイティブ」の「メディア」をクリックすると、今までTwitterに投稿してきた動画や画像が表示されます。それだけでなく右上の「メディアをアップロード」から新しく追加することもできます。



その中の動画を一つクリックすると、設定項目がいくつか出てきます。そのなかの「Call to action:」欄にYouTubeのリンクをコピペします。

ツイートボタンを押すとツイート内容を入力できるので入力してツイートしたら完了です。

アプリから投稿したツイートを見にいくと「Twitter Ads」から投稿されていて、動画を再生すると「youtubeに移動」という文字が表示され、タップするとYouTubeの動画ページに飛びます。

最後に

この方法でもYouTubeの動画を埋め込んでいるわけではないので、Twitter上でいくら再生されてもYouTubeの再生数とは関係ないです。

なので再生数を伸ばすためには、うまくYouTubeに誘導する方法を考えないとダメですね。

何かいい方法があれば教えてください!

-Youtube

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.