バイク 体験記

【インプレッション】NSR250R MC21に1年間近く乗ってみて【2st】

どうも、Nissyです。

台風19号が発生しましたね。

かなり強い勢力みたいなんで、バイクが倒れないようにしないと。。。

今年の台風は連休にきてばっかりですね。いい加減にしてほしいです。

 

今日は、NSRを購入してから1年近く(実際は10か月)になるので、

乗ってみてのインプレッションとやらを書いてみようと思います。

基本的にはGSX-R1000とCBR250R MC19との比較になります。(比較になるのか?)

 

街乗りでしか使用してませんが。

 

カタログスペック

まずはカタログスペックです。

乾燥重量 (kg) 134
車両重量 (kg) 153
乗車定員(名) 2
原動機種類 2ストローク
気筒数 2
シリンダ配列 V型(L型)
冷却方式 水冷
排気量 (cc) 249
内径(シリンダーボア)(mm) 54
行程(ピストンストローク)(mm) 54.5
圧縮比(:1) 7.4
最高出力(PS) 45
最高出力回転数(rpm) 9500
最大トルク(kgf・m) 3.7
最大トルク回転数(rpm) 8500

参照:https://www.bikebros.co.jp/catalog/1/44_7/#spec_top
250ccにして45馬力。

乾燥重量も134kgと驚異のスペックです。

 

NSR250R MC21 インプレッション

NSR250Rのインプレッションです。

ポジション

 

足つき

 

足つきはめっちゃいいです。

170cmくらいの身長であればべたつきで乗れるんじゃないでしょうか。

 

逆に、足が長すぎると乗ってるときのポジションがきついと思います。

179cmだと膝がそこそこ曲がりますが、普通に乗れます。

またがっている写真がない。。。

 

ポジション

ポジションはまぁ可もなく不可もなくです。

ハンドルはトップブリッジ下にクランプされているされているので、

きついっちゃきついのですが、SSとか乗っている方であれば特に気になりません。

 

GSX-R1000 K6のほうが個人的にはしんどかった。

 

腰に一抹の不安を感じている方は、下記を参考にして頂ければ、、、


 

低速トルク

 

たぶん気になる方は結構いるんじゃないでしょうか。

2stは低速トルクがない!ってやつ。

 

NSR250Rに関しては、トルクが思っているよりもあります。(ただ半クラだけでは発進できない)

 

昔乗っていた4st 4気筒のCBR250Rのほうが気を使って発進する必要があったように思います。

まぁ抜けのいいマフラーを使ってキャブも特にいじってなかったからかもしれませんが。

 

そういった点でいえば、NSR250R MC21に関しては、2st車両感は少ないかもです。

知り合いに乗せてもらったγは本当に下が全くなかった。

 

思っているよりあるといっても、4000rpmくらいまではやっぱり4stに比べてパワーはありません。

 

加速

 

2stに乗ったことのない人も、うわさには聞くと思います。

パワーバンドに入った瞬間のケツをたたかれたような加速。

これは確かに面白いです。

7500rpmくらいまで回すと急に加速します。

 

周りの景色を置き去りにする感覚は確かにすごい。

 

ただ、結構マイルド(といっても強烈)に加速するので、The 2st を味わいたいのであれば、γとかのほうが刺激的だと思います。

 

ただ、リミッターが9000回転からかかるので、一番おいしいところが味わえないです。

本気で楽しもうと思ったら、リミッターカットした方がいいと思います。自己責任で。

 

燃費

そんなに良くないです。

僕の車両でいえば、12km/ℓくらい。

2stオイルもあるので、結構かかります

 

ここはキャブのセッティングやチャンバーにもよると思うので、あんまり参考になりません。

 

そもそもNSRを買う層は燃費を気にしませんよね。

 

峠などのワインディング

 

峠で走った時、NSRの良さが一番わかりました。

すごい軽やかに走れる。

 

車両の軽さやフレームのしなやかさからくる軽快さは、

間違いなくSSでは味わえないしさだと思います。

 

こればっかりは一度乗って!としか言えないのですが、本当に楽しいです。

 

昔の走り屋の気持ちが少しだけわかったように感じます。

あんなに早く走れませんが。

 

純正パーツ供給状況

 

僕が購入した車両はまだ大きなトラブルに見舞われていないのですが、、、

 

欠品が出てきているとはいえ、まだ何とかなります。

モノタロウとか漁っていると、まだ供給されている部品が多々あります。

 

NSRはやっぱり人気の車種のため、再販もされたりするため、その時に買いだめしておけばいいかも。

 

人気車種なだけあって、サードパーティ製の代替品もいっぱいある。

なので、部品の供給難が理由で購入を渋っている方は購入しちゃった方がいい。

 

オイル汚れ

 

乗っている分には問題ないのですが、後ろを走っている人からは非難の嵐です。

ツーリングの際は一番後ろを走りましょう。

 

総評

 

デメリットとしては燃費が悪いとかパーツが出ないとかかと思いますが、

NSRに乗りたい!って方には些細なものかと。

 

中型免許で乗れて、車検もない車両では、NSR250Rが一番楽しいといっても過言ではないかも。

2stの中では一番懐が広い印象です。

今でもジムカーナでは上位をNSRが占めるくらいには完成度が高いマシンです。

 

ただ、想像していたような2stではなかった。

 

下はスカスカ、ぶん回したらとんでもない加速っていうピーキーさを求めているのであれば、

他の車種に行ったほうがいいです。NSRはすごい乗りやすい。

 

また、速いといっても、あくまで250ccの中でという話です。

速度でいえば、現行のリッターSSや600SSには到底かないません。

いかにドッカン加速といえども、大型のSSのフル加速には及ばないと思います。

セッティング次第かもしれませんが。

最高速を求めるなら現行のSSに行きましょう。

 

 

個人的に購入してよかったとおもっていますし、

すごい楽しいバイクであることには間違いありません。

 

ただ、

 

今の市場価格ほどの価値があるかといわれればどうなんだろうかとは思います。

年式も年式、やっぱり定期的にどこからかオイルが漏れたり、いろいろな不具合が出てきます。

その修理代も、自分でやるとしてもバカになりません。

(シャシーとかを見ると、今新車として出すなら安いかも)

 

一世を風靡したマシンであるNSR。

ほとんどがそのNSRというロマンに乗るためのロマン代なんだろうな、と思います。

 

KTMとかであれば2stで公道走行が可能なバイクを現行で出しています。

2stが乗りたいっていう理由だけなのであれば、ほかの車両の選択肢もあるかなと思います。

 

なので、どうしてもNSRに乗りたい!って方以外であれば、別のバイクの選択肢も入れたほうがいいです。

 

どうしてもNSRに乗りたいって方に、乗っている僕から言えるのは、

間違いなく楽しめるバイクであるということだけです。

 

最後に

今度はサーキットで走らせてみたいな。

-バイク, 体験記

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.