バイク

【KTM】RC200ってどんなバイク?【並行輸入車】

どうもtommyです。

RC200を納車して半年が経ったので、インプレッションでもしてみようと思います。

KTMのバイクに興味があったり、RC200ってなに?って人はぜひ読んでください。

あまりバイクに詳しくはないので専門用語とかはあまり使わずに(使えないだけ)書いていきたいと思います。

RC200ってどんなバイク?

RC200はKTMが出しているフルカウルのスポーツタイプのバイクです。ちなみに僕が乗っているのは2015年モデルですね。排気量は文字どおり200ccという日本ではあまり見ない排気量です。

そもそも日本ではRC200は販売されていないのもあり、国内で走っているRC200は全部並行輸入車だと思います。並行輸入ということもあり価格はかなり安く、僕が購入した際は新車で全部込みで40万円くらいだったと思います。

僕は見た目も結構好みで、かっこいいと思います。

デカールキットを貼っているので純正とは少し違いますがどうでしょうか。

KTM RC390/250/200/125用デカールキットを貼ってみた【KUNGFU GRAPHICS(カンフーグラフィックス)】

すごく久々にブログを書いています。 tommyです。 今回はひっそりと納車していたKTMのRC200にデカールキットを貼った話をしたいと思います。 フルカウルのバイクはカウルの面積 ...

続きを見る

単気筒なので燃費も良くて、車重も軽いので取り回しが楽です。

KTMはオーストリアのメーカーで外車なのでガソリンはハイオク指定です。ハイオク指定ってだけでなんかカッコよくないですか?

 

RC200のスペック

とりあえずカタログスペックから読み取れるものです。

エンジン性能

まず、先ほども言った通り排気量は200㏄です。日本では250ccクラスが主流なので、それらのバイクに比べると排気量は少し小さいですね。排気量が小さい分、最高出力も26馬力と少し低めです。HONDAのCBR250Rが29馬力、YMAHAのYZF-R25が35馬力など、国産の250ccフルカウルバイクと比べても分かります。

しかし車重は乾燥重量が137.5Kgと軽いので、重さを140Kgで考えたとしてもパワーウェイトレシオは5.38Kg/PSです。そもそもパワーウェイトレシオとは、名前のままですが馬力と重さの比率のことです。この値が低ければ低いほど加速性能が良いと言われています。

車重が164KgのCBR250Rは5.65Kg/PSなので、排気量は小さくても加速性能は負けてないと言えそうです。

車体のスペック

シート高は840mmと少し高めで、身長170cmの僕ではかかとがつきません。参考程度に、CBR250RとR25のシート高は780mmです。

ポジションもセパハンがトップブリッジと同じ高さについているので少しキツく感じる人もいるかもですが、慣れると逆にスポーティーに乗りやすいです。

フロントフォークはWP製の倒立フォークでリアサスもWP製モノショック、ブレーキキャリパーはBYBRE(≒ブレンボ)製という聞く人が聞けば分かるハイスペック装備みたいです。実際に走行性能も今まで乗ってきたバイクと比べて高いですし、ブレーキもめっちゃ効きます。

200ccでも全然文句なしのバイクだと思います。

 

RC200に半年間乗った感想

ということで普通に走る・曲がる・止まることにおいて一切問題はないRC200ですが、いくつか不満点と注意点があるので書いていきます。

走行する上での不満点

ただ不満点を挙げるとすれば、シートがめちゃくちゃ硬いことです。

この前、大阪から長野まで日帰りでツーリングをしましたが、3時間以上乗っているとお尻が痛くて仕方ありません。その日は15時間以上はバイクに乗っていたので僕のお尻にとって地獄の一日となりました。

もちろん高速道路を使いましたが、高速道路では走行車線を走っている分には問題ありませんが、追い越し車線は少し厳しめです。追い越しをしようとするとエンジンが悲鳴を上げ振動もかなり酷くなるので、3台以上の追い越しは精神衛生上あまり良くありません。

まあ、低排気量のバイクで高速道路を快適に走ろうと思うこと自体が間違いですね。

所有する上での注意点

ここまで結構良い事しか書いていない気がしますが、RC200に乗るうえで注意しなければいけないことがあります。

それは並行輸入の外車であるということです。

KTMのディーラーでは基本的に並行輸入車はメンテンナンスや修理の受付はしてもらえません。(たしかオイル交換も無理です)それはディーラーのホームページにもきっぱりと書いてあったりします。

並行輸入車は輸入の際の色々な手間が省かれているので、その結果やすく買えるのが魅力だったりするのですが、正規店への持ち込みが難しかったりします。なので基本的には購入店でメンテナンスや故障の対応はしてもらうしかないと思います。それか自分でするか、、、

なので購入する際にはアフターケアをしっかりしてくれる店で購入することだけは気を付けたほうがいいです。

それに以前グロムに乗っていた時によくオイル交換に行ってた店には、外車という理由だけでオイル交換をしてもらえなかったです。店の決まりなのでそのバイク屋さんは全く悪くないのですが、そういったこともあるので、購入店は慎重に選んだ方がいいです。

お金もあって近くにディーラーもあるなら正規のRC250を買うのが一番良いかもしれないですね。

満足していること

不満点や注意点はいくつかありますが、ただ下道を走ることに関しては本当に満足しています。

1速から6速までフル活用できるので楽しいですし、燃費も良いし、乗ってるだけでお尻が鍛えられます。

価格もそんなに高くない割に装備はハイスペックなので安心して乗れると思いますし、見た目もカッコいい!

今のところ大したトラブルもないですし、総合的には大満足で乗ることができています。

 

原付二種からの乗り換えにおすすめ!

ちなみに、今まで僕が乗ってきたバイクはこの3台です。

  1. HONDA スーパーカブ
  2. HONDA CBR250R mc19
  3. HONDA GROM

社会人になってからはずっとグロムに乗ってましたが、125cc以下だと一部通行できない道(高速道路等)があったりして不便なので買い替えることを決意しました。

色々とバイクを見て回っていたら安くてかっこいいRC200を見つけてしまって、その日のうちに契約してしまいました(笑)。実際に買って正解だと思いますし、いま原付二種に乗っていて一つ上の排気量のバイクに乗り換えを検討している人がいるならおすすめのバイクです。

乗り換える時は今乗っているバイクを下取りに出したりすると安く買えるのでおススメです!バイクを売ることに関してはnissyがまとめているので読んでみると参考になるかも。

【必見】バイクを高く売る方法、高額売却のコツについて

どうも、Nissyです。 今までなんだかんだ9台のバイクを乗り継いできました。 エストレヤ Ninja400R GSX-R1000 CBR250R MC19 KTM 690SMCR ...

続きを見る

250ccクラスのバイクを検討している人に200ccという新たな選択肢ができたらうれしいです。

では、よいバイクライフを

 

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.