バイク

NSR250Rのオイルポンプシール交換をしました【シール脱落対策】【メンテナンス】

どうも、Nissyです。

 

NSR250Rには、オイルポンプのシールが抜けて、2stオイルがギヤボックスに混入するという、

有名な持病があります。

このオイルポンプのシール抜けは、普通に走っていたらまず気づけません。

ミッションオイルを定期的に確認する物好きな方だったら気づくかも。。。

他にも、やけにオイルの消費量が多かったりしたら要注意です。

 

もしオイルポンプのシールが抜けていた場合、正常に2stオイルが供給されないため、

最悪の場合死に至り(焼き付き)ます

 

僕のNSR250Rは特に症状はなかったのですが、オイルポンプのシール脱落を防止できるという優れものがあったため、交換しました。

今回は、その商品と、オイルポンプシールの交換手順について記述していきます。

 

DMR-JAPAN オイルシール脱落防止キット オイルシール抜けま栓

DMR-JAPANさんから、すごい商品が販売されていました。

NSR250R オイルポンプ用オイルシール オイルシール抜けま栓付き!

参照:DMR-JAPAN

 

オイルポンプのオイルシールは、純正部品としてのラインナップがなく、

シールが抜けた場合、オイルポンプAssyでの交換となり、1万くらいします。

が、このDMR-JAPANさんの商品はオイルシール単体で入っています。

それだけじゃなく、不意にオイルシールが抜けることを防ぐカラーがついています。

最高すぎる。

 

オイルポンプシールの交換手順

では早速、オイルポンプシールの交換を行っていきます。

 

リヤサス サブタンクを外す

リヤサスのサブタンクを外します。

サイドカウルは邪魔なので外しておいてください。

 

サブタンクは下にボルトがついているので、そこを緩めるだけです。

 

オイルポンプを外す

オイルポンプを外すために、まずはオイルホースを外します。

 

ココを抜いたら、初恋が叶わなかったときに流した涙と同じくらい、とめどなくオイルが漏れてきます。

下にウエスか何かを敷いておきましょう。

 

ホースを抜いた後は、適当なボルトだったり六角で栓をしましょう。

 

次に、オイルポンプを固定しているボルトを外します。

奥に見えている8mmのボルトです。

(ちょっとわかりづらいですが、、、)↓

 

外したら、あとはオイルポンプ全体を上に引き上げていけば、OK

 

これが取り出したオイルポンプ

 

オイルポンプのシールが抜けていたら、このタイミングでシャフトの見える場所にシールが出てきます。

 

オイルポンプのシールを交換

オイルポンプのシールを交換していきます。

シャフトを引っこ抜くと、中にシールがあるので、マイナスドライバ等で引っこ抜きます。

 

丸の中にある茶色いやつですね。(純正は黒色です)

早速、シールを新しいものに交換します。

購入したDMR-JAPANさんのオイルシールの内容物がこちら。

 

小さいシールはMC21後期~MC28のクランクケースに使用するシール

◎のシールがオイルポンプシール

銀色のものが脱落防止カラー

大きいシールがクランクケースとシャフト結合部分のシールです。

 

オイルポンプシールは奥までいれるのに結構力がいります。

ゴムハンマーとソケットを使用してはめていきましょう。

 

あとは逆の手順で戻していけばOKです。

 

オイルポンプ オイルパスチューブのエア抜き

この作業が重要です。

サービスマニュアルに沿ってやっていきます。

 

オイルポンプのエア抜き

オイルポンプのエア抜きです。

ここは作業中の写真が撮れていないため、また今度別で撮っておきます。。。

 

オイルポンプの上についているM7のボルトを外し、オイルをそこから入れていきます。

気泡がなくなるまでおこなえばOKです。

 

オイルパスチューブ エア抜き

次にオイルパスチューブのエア抜きを行います。

まずは混合ガソリンを作成します。

20~50:1の比率で作成してください。

 

ガソリンホースへ混合ガソリンを供給し、エンジンをかけてください。

そこから、オイルコントロールレバーを全開にした状態で、10分ほどアイドリング。

 

これでエア抜きの完了です。

 

 

最後に

NSRの持病であるオイルポンプシール抜けがこれでなくなるのであれば、費用対効果ありですね。

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.