バイク 体験記

ヤフオクでバイクを出品するときの注意点やコツについて(ヤフーオークション)

どうも、Nissyです。

 

いままで結構楽しく乗らせていただいていたNSRを手放しました。

なぜ手放したかについては、下記のYOUTUBEで語っているので、よければ見てください。

手放すにあたって、やっぱり次の車両の資金にしたいので、極力高く売りたいので、今回はヤフオクで出品しました。

もともと、コロナ禍の中で収入が安定しない不安があったために、NSRの売却を決意したこともありますが。。。

 

その時に注意した点や、ミスしたこと、コツ等を今日は書いていきたいと思います。

 

 原則は廃車(一時抹消)登録をしよう

ヤフオクに限らず、個人で売買される際は信用できる人以外の場合は極力一時抹消してから発送するようにしましょう。

抹消するタイミングは落札されてからでも大丈夫です。その時は必ず説明欄に記入するようにしましょう。

 

名義変更として渡した場合、万が一相手が名義変更しなければ税金の請求は自分に届くことになりますし、

トラブルが発生した場合、警察から連絡がきて非常に面倒なことになります。

廃車手続きに関しては下記を参考ください。

no image
軽二輪バイク(126~250cc)の廃車登録(一時抹消)の行い方〔バイクを個人売買するときに必ずするべきこと〕

どうも、Nissyです。 最近NSRをヤフオクで売却しました。 ヤフオクなどの個人売買で売る場合に必ず行うべき作業、廃車登録(一時抹消)を久しぶりにおこなったので、 今日はその作業 ...

相場をしっかり把握しよう

売るときの相場はしっかりと把握しましょう。

ヤフオクで同じ車両を出品されている人を参考にしてもいいっちゃいいですが、普通に足元を見た値段で設定している人とかいるので、

一度実際に業者へ売却額の見積もりをいただく方がいいかもです。

下記に買い取り業者の例を書いているので良ければ参考にどうぞ。

ただ、NSR等のプレミアがついているバイクやカスタムが多数ある場合は買い取り価格が低くなる傾向があるので注意しましょう。

 

ヤフオクで出品しよう

上記の相場の確認、廃車の確認ができたら早速ヤフオクに出品しましょう

カテゴリに注意!

バイクを出品される際のカテゴリは要注意です。

出品するためにカテゴリを決めるわけですが、

    • 自動車、オートバイ > 中古車・新車
    • 自動車、オートバイ > オートバイ > オートバイ車体

の二つのカテゴリが存在します。

このカテゴリは必ず[自動車、オートバイ > オートバイ > オートバイ車体]を選ぶようにしましょう。

なぜかシステム利用料に大きな差があります。自動車、オートバイ > オートバイ > オートバイ車体のほうが断然安いです。

あと、このカテゴリだと10%ではなく一定額(3000円くらい)の落札手数料しかかからないので非常にお得です。

特定カテゴリのシステム利用料

たまに直接取引で10%分安くしろとか行ってくる輩がいますが、普通にありえないのでブラックリストに登録しましょう。

 

ちなみに、このカテゴリはヤフー簡単決済の手数料も変わってきます。

特定カテゴリの簡単決済手数料

もし、簡単決済での設定をしている場合クレジットで支払う場合に割高になるため、落札した人が「銀行振り込み」を希望されることもあります。

が、銀行振り込みの場合は特定カテゴリでも無料になるのでその旨は伝えましょう。

まぁ銀行振り込みでもいいですけどね。

ヤフープレミアム会員にならないと出品できない!

バイク等、特定カテゴリに出品する場合、ヤフープレミアム会員にならないと出品が出来ません。

月額500円以下と安いので、ここは割り切ってプレミアム会員になってしまいましょう。売れたらすぐ解約すればOKです。

アプリからでは出品できない!

バイク等の特定カテゴリは、なぜかアプリから出品が出来ません。

本当に理解に苦しみますが、諦めてウェブブラウザで出品しましょう。

 

説明欄は嘘偽りなく正直に、わかる範囲で記入しよう

説明欄は、一番トラブルが発生する原因になる部分です。

自分がわかる範囲で、しっかりと自分のバイクの現状を説明しましょう。

メンテナンスの記録や故障個所等、わかる範囲で記入します。

私たちもプロではないので、「素人判断ですが」等を記入しておくようにしましょう。

来た質問に関しても嘘偽りなく回答すること。

現車確認をしてもらうのが一番トラブルなく確実です。

 

入札した人の評価は必ず確認しよう

入札してくれた人の評価を必ず確認しましょう。

やけに低い人が落札した場合、ほぼ確実にトラブルが起きます。

バイクのような高額商品だと、いたずら入札もあります(現に一度されました)

なので、基本は最高評価10以上、悪い評価は0(またはすべての評価の内の1%)くらいの人以外の入札を断る旨、説明欄に記載しておきましょう。

 

また、落札後何日までに連絡がつかない場合は削除する旨も記載しておく必要があります。(落札後一切連絡がない人もいるため)

 

繰り上げ落札は極力しないように

いたずら入札により、最高入札者と連絡が取れないことがあります。

その後、次の額で入札してくれていた方に、購入を検討するようにお願いできる制度(繰り上げ落札)があります。

しかし、これは極力行わないようにしましょう。

私もいたずら入札をした人を削除し、次の額の落札者に連絡を取り同意を得て繰り上げ落札の処理をしたのですが、

70万で落札された物を60万で売れとアホのような交渉をされ、落札者都合で削除したところ、最低の評価をつけられました。

このように足元を見て交渉してくるガ○ジもいるので極力避けるべきでしょう。

 

陸送は手配できないなら直接引き取りか落札者に手配してもらおう

バイクを送るときは、普通にクロネコヤマトや佐川では送れません。陸送の手配が必要です。

アイラインなどが安くてよく使われていると思います。

手配は特に難しいこともありませんが、したことがなかったり不安であれば直接引き取りか落札者に手配してもらいましょう。

その場合は必ず説明欄に記載するように。

 

以上がヤフオク出品から売却までのコツ注意点でした。

 

売却後に必要な書類(250cc)

売却後、次のオーナーがナンバーを取得するために必要な書類も、忘れずに準備しましょう。

250ccしか売却したことないのであれですが、、、

  • 譲渡証明書
  • 軽自動車届出済証返納証明書

の二つを次のオーナーさんへ渡してください。

(251cc以上の場合、ほかにも書類が必要なると思われます)

 

 

最後に

ヤフオクは業者に売るよりも確実に高く売れますが、トラブルも発生しやすく、さらに手間がかかります。

サクッと終わらしたい人は業者に頼んだり、下取りに出すのが一番でしょう。

 

また、バイクの場合は額が額なのですぐに売れなかったりします。

(NSR等のプレミアがついた車体であれば、相応の値段設定をすればすぐ売れますが、、、)

その場合は根気強く待つか、値段を下げましょう。

大型のSSなどは、シンプルに球数が多いのと、額が高いためローンが使えない個人売買ではあまり売れない傾向にあるので、

その場合はあきらめて下取りに出すのが一番いいかもですね。

 

-バイク, 体験記

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.