ガジェット スマホアプリ

Apple Watchがコスパ最強腕時計であることの証明

どうもtommyです。

最近Apple Watchを購入したのですが、このデバイス、コスパ最強過ぎませんかね。

社会人として腕時計くらいは付けておかないといけないなあ、と3年くらい思い続けてやっと購入しましたが、若い人だと普通の腕時計を買うよりもApple Watchを買った方が圧倒的に良いと思いました。

ということで今回はApple Watchを買ってよかった点などについて書いていきたいと思います。

確認できる情報が豊富

当たり前ですがApple Watchはいわゆるスマートウォッチと呼ばれるデバイスなので、かなり多機能です。

普通の時計だとせいぜい時間と日付を確認するくらいだと思いますが、Apple Watchだとそれ以外にも天気や心拍数など便利なものから正直必要のないものまで確認することができます。

文字盤に表示しておく情報については取捨選択することができるので、シンプルなのが好きな人は時間のみ表示させておくことも可能です。

使おうと思えば普通の時計としても使えますし、スマートウォッチとしても使えるのでやはり選択肢が多い方が良いですよね。

iPhoneがさらに便利になる

Apple WatchといえばiPhoneと連携して色々するというイメージがあると思いますが、まあその通りです。

iPhoneの通知をApple Watchで受け取れたり、音楽を聴いているときに曲や音量をコントロールできたりします。

そこまで劇的に何かが変わるわけではありませんが、iPhoneを鞄やポケットに入れたままでも簡単な操作ならApple Watchでできるので、まさに痒い所に手が届く感じです。

Apple Watchは安い

Apple Watchにはいくつかのシリーズがあり、現時点でseries6が最新ですがApple Watch SEというのも発売されてラインナップが増えています。

その中であえて僕はseries3を購入しましたが、その理由としては一番安く買えるからです。

ちょうど一年前くらいに値下げが行われ、公式ショップで2万円で買えるようになったのですが、2万円で買えるにしてはメリットが大きすぎます。

まず普通の腕時計でも数万円はするものがほとんどなので、普通の腕時計より安いといっても良いと思います。

社会人になると時計を付けておくのがマナーみたいなことを言われたことがありますが、時計を付けていると大体その時計いくら?とかって聞かれます。

そして3万円くらいっすかねって答えたりするとそこで時計の値段マウントを取られたりします。

それがApple Watchだと値段までは聞かれないので、そういった面倒な人の絡みからも逃れられていい感じです。

最近ではタブレットでメモを取ったりするも世間的に認められてきてるので、Apple Watchを普段使いするのにも抵抗がありませんし、ここまでくると買わない理由がないのでは?と思えてきます。

ちなみにApple Watch SEは3万円ですので、最新のものが使いたいけど節約したい場合はSEがお勧めです。

Apple Watchのデメリット

ここまで言いことばかり書きましたが僕はAppleの手先ではないので、使っていて不便に感じた点も書きたいと思います。

充電が面倒

とにかくこれが一番のデメリットです。

充電は長くても2日くらいしか持たないので、充電が必要になります。

普通の腕時計は5年くらいは電池交換なしで使えるのでそれに比べると面倒です。

普通の時計に比べて着用時間も長めになってしまうのでそれも関係しているかと思います。

健康管理や睡眠管理的なことができるので寝ている時もつけていたいという気持ちがあり、僕の場合は一日のうちApple Watchを付けていない時間は2時間くらいです。

まあその2時間で充電できるのでいいですが、やっぱり面倒ですね。

普通の時計も外している時間はあると思うのでその時に充電していると考えると悪くはないかもしれませんが。

 

充電が面倒以外にも何か書こうと思っていたのですが、何を書くか忘れてしまいました。(また思い出したり感じたことがあれば追記します)

それくらいデメリットよりもメリットの方が大きいのでApple Watchはお勧めということでこの記事を終わりたいと思います。

 

-ガジェット, スマホアプリ

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.