体験記 生活

レーシック手術を受けて快適になったこと、不便だったこと

どうも、裸眼視力が1.5になったtommyです。

視力が悪くて、このままじゃいざという時に自分の身を守れないと思ってレーシックを受けてみました。

結果から言うと、日常生活から趣味のゲームまでが超快適になりました。

レーシックについては色々気になっている人も多いと思うので、術後の経過観察とか感想とか手術の様子とかについて備忘録を残そうと思います。

ちなみに妹も一緒に受けたので、その比較とかも書けたらなと思っています。

レーシックを受けようと思った理由

どうでもいいことかもしれませんが、僕がレーシックを受けようと思った経緯も書いておこうと思います。

最初にも書きましたが、単純に視力が悪いと危険だと思ったからです。

例えば、地震の時とかに眼鏡やコンタクトがなくなったらヤバくないですか?

僕はレーシックする前は視力は0.05くらいだったので、眼鏡やコンタクトなしでは外を歩くこともできませんでした。

地震に限らずですが、日本は地震大国でもあるのでこのままではいつか困ったことになるだろうと思っていたところで、レーシックが10万円くらいで受けれるという話を聞いたので受けることにしました。

手術について

手術まで

まず、手術を受けるまでの流れですが、手術を受けるためには事前検査が必要になります。

事前検査の時と手術の時はどちらも、その1週間前からコンタクトレンズ禁止でした。

コンタクトレンズを付けてはいけないということ以外は特に制限はありませんでした。

角膜の形や分厚さを検査して、その結果によって手術の種類とか、そもそも手術できるかが決まるようです。

検査の結果、手術可能だったのでその日のうちに手術日を決めて帰りました。

検査の日に術後の注意事項だとかを渡されるので、それをしっかり読んで、手術当日は同意書にサインをして提出するという感じでした。

手術当日

病院に行って、自分の順番を待って、名前が呼ばれたら手術室に向かうという流れでした。

妹の10分後くらいに僕の名前が呼ばれたので、それくらいの回転率で手術をしているようです。

手術室の前で顔の消毒や天眼麻酔をして、手術中は視線を動かさないとか、何を言われても返事しないでくださいとかの注意事項を受けて手術台に向かいます。

あとはされるがままに、目に消毒液?麻酔?をドバドバとかけられ、目の表面を捲られ、レーザーを照射されて片目あたり2分くらい?で終わりました。

経過観察

とりあえず、概ね快適です。

後遺症?のようなものも一部あるので、それをどう捉えるかにもよりますが、僕は手術して良かったと思っています。

手術当日

フラップがずれやすくなっているので、あまり大きく目を開いたり、瞬きする時に力を入れたり、眼球を左右に動かしたりしないでくださいと言われました。

薄目の状態で今日は過ごしてと言われたので過ごしていましたが、もう既に見えるようにはなっていました。というか手術直後から少し霞んでいる程度でそこそこ見えます。

ただ麻酔の効果でドライアイの状態になりやすいらしく、確かにコンタクトレンズを付けたまま寝てしまった時のような目がゴロゴロして乾いているような感覚はありました。

それも病院からの指示通り、食後に2種類の目薬をさしたらなくなって快適になっていきました。

早めに寝てくださいとも言われたので、その日は9時に寝ました。

その日は目薬をする時以外は保護メガネをしてくださいと指示されていたので、寝るときも保護メガネをして寝ます。

手術翌日

朝起きたらコンタクトをしている時と同じような見え方になってました。

手術の翌日も病院に行かなければいけないので、病院に行って視力検査とフラップがずれてないかの検査等をしてもらいました。

視力検査の結果は左が1.5で右が1.2でした。

1週間は目に水が入ったり、目を擦ったりしないようにしてくださいと言われて、保護メガネは回収されてそのまま帰りました。

そのあとは定期的に目薬をささなければいけないこと以外は普通の生活でした。

夜に4時間くらいゲーム(APEX)をしてみましたが、全く違和感とかもなく快適にゲームができました。

術後2日後〜1週間

手術したのは土曜日でしたが、上記の土日が明けた月曜日には普通に仕事に行きました。

車の運転とデスクワークをしましたが概ね問題ありませんでした。

気になったのは、夜の車の運転です。

対向車のライトがめちゃくちゃ眩しいです。たまたま全部ハイビームだったのかもしれませんが、それくらい眩しいです。

あと帰宅した時(夜の9時くらい)になると目が乾いています。

目薬をさすと治るのですが、確かにドライアイっぽいなというのは感じました。

2時間に1回くらい点眼する必要のある目薬があったのですが、点眼を失敗したりしてたら水曜日にはなくなってしまいました。

感染症を抑えるために目薬らしいので不安でしたが、その後特に違和感はなかったです。

不便だったのは術後1週間は目に水が入ってはいけないようで、シャンプーするときとかに水中ゴーグルをつけなければいけなかったことくらいですかね。

術後1週間〜1ヶ月

この頃にはドライアイの症状も大方なくなっていました。

術後1週間くらいから、目が乾いた時には人工涙液をさすみたいなのですが、あんまり使うことはなかったです。

手術のちょうど1週間後の土曜日に友達と夜中の3時ごろまで遊んだのですが、すごく快適でした。コンタクトだったら多分無理だっただろうなと思います。

ゲームもパソコン仕事が終わった後に3〜4時間程度やっていますが、超快適です。

中には目が疲れやすくなった等の症状がある人もいるようですが、僕的には眼鏡をかけてゲームするよりも断然快適で疲れないですね。

術後1ヶ月〜3ヶ月

手術後ちょうど1ヶ月くらいの時に職場の健康診断があったので、その時視力を測定しましたが、両目とも1.5でした。

目も絶好調で、前まで眼精疲労でよく頭が痛くなっていたのですが、それも少なくなっている気がします。

対向車のライトが眩しすぎるという後遺症?もほぼ感じなくなりました。

あと、朝がやっぱり楽です。起きた瞬間から目が見えているので、目覚めがスッキリする気がします。

前まで朝がすごく弱かったのですが、少しだけ強くなれたような気さえします。

気のせいかなと思うようなことも多いですが、この時期になると正直メリットしか感じないですね。

とりあえず現時点(2021.6.20)で手術してから1ヶ月程度しかたっていないので、また3ヶ月後に病院で検診をして、色々と追記していきたいと思います。

-体験記, 生活

Copyright© 西冨ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.