未分類

【新型コロナウイルス】最強ワクチンランキング【7/23現在】

新型コロナウィルスの日本サーバーにおける、最強ワクチンランキング(Tier表)です。​現環境においてのメリット、デメリットについても解説していきます。

新情報まとめ

これまでの環境を大きく揺るがすことになるかもしれないニュースが報道されています。それは、異なるワクチンの組み合わせで2回接種することでも高い予防効果があるというものです。これによりどのワクチンもトップ環境に踊り立つ可能性が出てきました。現状ではまだ大きな変化は見えませんが、今後は環境が目まぐるしく変化するかもしれません。【2021/6/30更新】

参考: https://www.bbc.com/japanese/57647521

Tier1(Sランク)

・ファイザー製

現環境では有効性、供給量の面でファイザー製のワクチンがSランクとなります。保存方法が1番シビアではありますが冷蔵庫の電源コードを抜かれたりしない限りは特に問題はないと思われます。接種間隔が短いため最短で抗体を手に入れることができます。

有効性 95%
種類 mRNA
接種回数 3週間間隔で 2回
保存方法・期間 2-8℃で5日間

Tier2(Aランク)

・モデルナ製

モデルナ製は供給量でわずかに劣りAランクとなります。保存期間がファイザー製よりも長いため供給量さえ増えればSランクになる可能性は高いです。接種間隔もファイザー製のものと比べると1週間長くなります。

有効性 94%
種類 mRNA
接種回数 4週間間隔で 2回
保存方法・期間 2-8℃で30日間

Tier3(Bランク)

・アストラゼネカ製

アストラゼネカ製は供給量、信頼性の問題からもBランクとなります。アストラゼネカ製のワクチンでは稀に血栓が発生する可能性があると言われています。これは年齢の若い層で発生するため、60歳以下の方は可能な限りファイザー製またはモデルナ製のワクチンを接種したほうが安全です。

有効性の数字は低いように見えますが、最近の研究で接種間隔が長くなるほど有効性が上がるとも言われているので有効性に関してはファイザー、モデルナ製と大差はないと思われます。

有効性 76%
種類 ウイルスベクター
接種回数 4~12週間間隔で2回
保存方法・期間 2-8℃で6か月間

関連リンク

・ファイザー製 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html
・モデルナ製 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_moderna.html
・アストラゼネカ製 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_astrazeneca.html

 

-未分類

Copyright© 西冨ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.