体験記

街コンってどんな感じ?コロナ禍でも恋がしたい!

どうも、新入りのkaitoです。先日nissyさんに誘われ人生初の街コンに参加してきました。その時の感想をまとめるのでこれから街コンに参加される方への参考になればと思います。

街コンってなに?

街コンとは

街コンは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである。一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも数十名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。各店舗でリストバンドなどの参加証を呈示することで、制限時間内であれば定額で飲食が可能という内容で開催されるものが多い。最近は1店舗を貸切とするような「店コン」を、街コンというケースがほとんどとなっており、年間で40万回以上開催されている。婚活にくらべ気軽に楽しく参加できるのが特徴で、若い参加者を中心に盛り上がっている。(参考: Wikipedia)

最近はコロナの影響で飲食店で行われているものはほとんどなく、主催側が用意した場所で開催されることが多いです。

街コンの流れ

私が参加した街コンは異性の参加者と1対1で話していくタイプでした。全体的な流れは以下のような感じです。

  1. 受付(自分の番号札をもらい、同じ番号の座席に座ります)
  2. プロフィールカード記入
  3. 街コンスタート
  4. 同じテーブルに座っている異性と約2分程度トーク
  5. 席を入れ替え参加者全員と話し終えるまで繰り返す
  6. マッチングしたい相手を第5希望くらいまで記入
  7. マッチング発表
  8. 終了

あとは途中で連絡先カードを渡すことも可能でした。マッチングした場合は出口で連絡先交換等するそうです。(私もnissyもマッチングしなかったので詳しくはわかりません)

街コンは出会える?

出会えるか出会えないかで言えば出会えます。1対1形式の場合確実に1度は話す機会があるのでフィーリングが合えば連絡先を交換することができると思います。ただ、話す時間は上述のように約2分ほどしかないため男性にはかなりのコミュニケーション能力が求められます。(街コンに参加するような女性は基本的に受け身なのでコミュニケーション能力が無いとまず盛り上がらないです)

また、これはコロナ禍のデメリットなのですがマスクを着用した状態でのイベントになるので相手の顔がほぼわからないです。顔がよくわからない異性と自己紹介しあうだけのイベントという感じですね。出会いを求めるのであれば個人的にはマッチングアプリのほうがいいかなと思いました。

おすすめのマッチングアプリ

ということでおすすめのマッチングアプリを紹介したいと思います。月額がかかってしまうものが多いですが、大体街コン1回分よりは安いです。

①Pairs

電車とかの広告でもわりと見るやつ。友達探しから結婚相手探しまで幅広い層がいるイメージ。最初に始めるならこれ。

②Omiai

わりとガチめなイメージのやつ。婚活してそうな人が多い。真剣に婚活したいならこれかも。

③Tinder

軽めなやつ。基本遊びだったりが多い。たまに真剣に彼氏探してますみたいな人いるけど別のアプリやったほうがいいよ。無料でメッセージできるのが利点。

 

個人的におすすめはTinderだったのですが、最近仕様変更で相手から見えるLikeの付与が厳しくなったので今から始めるなら他の2つをおすすめします。別途男性向けに使い方の記事を用意しようかなとも考えているのでそのうちnoteかなんかで書くかもしれません。

まとめ

結局マッチングアプリを紹介したような記事になってしまいましたが、街コンにはマッチングアプリとは違い確実に話せるという利点があるので話に自信がある人、顔に自信がある人などにはおすすめです。参加するのであれば可能な限り話せる時間が長そうなものを選ぶといいのではないでしょうか。

 

ちなみに『中二病でも恋がしたい!』は未視聴です。

-体験記

Copyright© 西冨ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.