いつも新しさを

西冨ブログ

生活

厚底ランニングシューズ NIKE ZOOM FLY 3で走る

どうもkaitoです。カフェ巡り、カメラ、バイク、ゲームと多趣味な私なのですが、その趣味のひとつにランニングがあります。今回はランニングシューズである『NIKE ZOOM FLY 3』について紹介したいと思います。

厚底シューズが流行っている!

ここ数年で長距離ランナーの間で一気に厚底シューズが流行りだしました。2018年かな?箱根駅伝を見てるとちらほら厚底シューズの選手がいたのが、次の年でほとんどの選手が厚底シューズを履いていたのはかなり印象的でした。

元々薄くて軽いシューズしか考えられないような世界だったので私も初めて見たときは驚きましたが、みんな履くということはそれだけ速く走れるということなので買ってみました。(2年前くらい)

ズームフライ 3とは

厚底ランニングシューズにもいくつか種類はありますが、やはり最初に出してきたナイキのものが人気のようです。箱根駅伝で多くの選手が履いていたものはヴェイパーフライというシューズで厚底の中でも一番いいグレードになります(今はヴェイパーフライネクストみたいなのが出てます)。いいものだけあって値段もそれなりにして3万円ほどするので趣味のランニング程度にはなかなか手が出にくいかなぁといった感じです。そもそも耐久性も高くないらしくほんとに競技用といったイメージ。

ズームフライ3というシューズはヴェイパーフライと同じ構造をしていながら耐久性を兼ね備えたモデルになります。価格も1万円程度で買うことができます(私が購入したときは2万円弱したのでかなり安くなっています)。位置づけとしては練習時にズームフライを履き、競技時にヴェイパーフライを履くことを想定されているようで練習用シューズといった感じ。感触が同じでヴェイパーフライのほうが軽いので競技時にかなり足が軽く感じることができるのだと思います。

走ってみて

実際に走ってみました。

私が今まで履いていたシューズとしてはアシックスのターサー系や、ソーティマジック等の比較的ソールの薄いものばかりでしたのでまずはそことの差が結構あります。ソールが薄いシューズだと足の裏で地面を蹴っている感がすごくありますが、厚底だとそれがほとんどありません。ソールの形状も影響しているのだと思いますがかかとで地面についてから流れるように足が前に進んでいきます。カーボンプレートの跳ね返る力で推進力を出しているのだと思いますが慣れないうちは結構足にダメージがありました。普通のシューズの場合地面に力を流していけていると思うのですが、ズームフライだと踏み込んだ力が足に返ってくるようなイメージです。そこそこ筋力がないと負担が大きいと思うので今からランニング始めますといった初心者の方にはあまりおすすめできないですね。

走り方にしてもシューズに合わせる必要があるかなと感じました。上で書いたように地面を蹴っている感覚があまりないのでシューズの抵抗にならないように足を動かすみたいな走り方にしたほうが楽になりました。そんなに足の力を入れなくてもそれなりのペースで走れるのですごいなぁと感じます。

まとめると、

  1. 跳ね返る力が強いので少し足に負担がある
  2. 跳ね返りをうまく使うと気持ちよく走れる

といった感じになります。

最後に

よくランニングシューズを選ぶ基準にマラソンを何時間で走れるかみたいな基準があると思いますが、個人的にあれは気にせずに自分が好きなシューズを買えばいいと思います。流石に体重がめちゃくちゃ重い人が薄底のシューズ買ったりするのは足が死んじゃいそうなのでお勧めできませんが笑

 

 

-生活

Copyright© 西冨ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.