ガジェット バイク

【DAYTONA】デイトナ製バイク用インカム ”DT-01”レビュー【インプレ】

どうも、Nissyです。

バイクは一人で走る孤独の乗り物、そんな時代はとうの昔に終わりました。

今はインカムで通話しながら走る時代です。

 

今日は僕が愛用しているインカム、DT-01のインプレッションです。

 

格安インカム DT-O1

バイク用インカムですが、ほかにもSENAだったりB-COMだったりありますが、全体的に高いです。4万くらいする。

ただ、中華製のインカムは二人でしか通話できなかったりと難点が多い。

しかし、このDT-01は、

・安い

・複数人と通話可能

・かっこいい

と求めていた物がすべて満たされています。

 

 

ちなみに、二人用だと少し安くなります。

 

インカム通話と音楽の同時利用も可能だし、他社インカムとの接続もできます。

当然ですが、IP67相当の防水性能も兼ね備えています。

性能も十二分にあるし、しかもかっこいいし安い。

内容物

  • マイク(ブーム型)
  • スピーカー
  • マイク(ケーブル型)
  • ベースプレート固定用両面シート
  • 充電ケーブル

等入っています。

ちなみに、ケーブル型のマイクのほうがヘルメットに取り付けやすいですが、

音質が異常に悪いので、ブーム型のマイクを使用しています。(ケーブルマイクはなんかどっか行きました)

 

取り付け方

早速ヘルメットに取り付けていきます。

マジでつけるだけなので特に書くことはないですが。。。

 

まずはクレードルから出ているケーブルを、マイクとスピーカに取り付けします。

両面テープで本体をヘルメットに固定する方法が一番簡単ですが、如何せんお高いヘルメットのため、

クリップで取り付けします。(AGV PISTA GP R)

クリップはこんな感じで、クレードルに差し込みます。結構強い力で押し込まないと刺さりません。

 

その後、ヘルメットのライナー部分に挟みます。

 

後はマイクとスピーカをヘルメット内に取り付けるだけです。

スピーカはマジックテープになっているので、貼り付けるだけです。

普通にインナーパッドの内側に張るべきだと思いますが、聞き取り辛くなってしまうので、

下記のようにむき出しにしています。ちなみに1時間乗ると耳が真っ赤になる。

 

マイクはインナーパッドの内側にマジックテープで貼り付けし、口部分に持ってきます。

以上で取り付けは終了です。

正直自分で簡単に取り付け出来るので、2○○かんとかでお金を払って取り付けは勿体ないと思います。

 

取り付け後のヘルメットがこれ

 

ハイドレーションの関係で逆側についていますが、それでもかっこいい。

ペアリング(操作方法)

操作方法をここで記述していきます。

ボタンは

  • Aボタン
  • Mボタン
  • Vボタン

の三つがあります。

B-COMとかもっといっぱいありますが、DT-01は3個しかなく、直感で操作できます。

インカム界のiPhoneですね。

DT-01同士のペアリング

まずはDT-01同士のペアリング方法です。

一人がAボタンを長押しし、それ以外の人はMボタンを長押しします。

しばらくすると、「ペアリング完了」との声が聞こえます。

ちなみに二人の時もこの方法です。

DT-01 他社インカムとのペアリング

他社のインカムと接続する場合、1台のみしか接続ができません。

他社インカムをペアリング相手探索状態にし、DT-01はAボタンを長押しします。

しばらくして「ペアリング完了」との声が聞こえると、ペアリング完了です。

スマホとのペアリング

IPhoneとの接続になりますが。。。

Mボタンを長押しします。

その後、スマートフォン側でDT-01を探します。

DT-01を選択したら、接続完了です。

 

シンプルで操作しやすく、最高。

音質

音質に関しては、ほかのインカムと比較したわけではないのであれですが、

かなり鮮明に聞こえます。

下記動画は、片方はインカムから出ている声を録音した物なので、参考程度にどうぞ。

 

総評

インカムは楽しくツーリングするうえで欠かせない物となっていますが、

如何せん高いです。

しかし、デイトナ製のDT-01はかなり安くで必要十分の性能を持っているため、

初めてインカムを買う人とかはオススメです。

(友達にセナやB-Comを持っている人がいれば、それを選ぶべきですが。。。)

 

 

そこそこ安く、操作性もよく、音質もよくて多人数通話可能。

もしインカムで悩んでいる方がいれば、強くオススメできるインカムです。

 

 

 

 

 

 

-ガジェット, バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.