バイク

【レギュラー】給油スタンド会社ごとに、ガソリンの効果は変わるのか?【ハイオク】

どうも、Nissyです。

最近、ツイッターでガソリンスタンドのメーカーごとに効果があるのかどうか、

議論になっていました。

 

人によって、SHELLがいいだとか、ENEOSがいいだとか、

いろいろありましたが、本当にメーカーごとにガソリンの良しあしが変わるのか。

ちょっと調べてみました。

(ちなみに僕はSHELLが一番好きです、)

レギュラーとハイオクの違い

まずは、レギュラーとハイオクの違いです。

レギュラーが普通のガソリンで、ハイオクが良いガソリンって認識の方が多いと思います。

外車はハイオク、日本車はレギュラーみたいな認識の方も多々おられるのでは?

 

では、具体的に何が違うのか。

それはオクタン価です。

オクタン価とは

ノッキングしにくいかどうかの指標になります。

オクタン価が高いガソリンは、燃えにくい性質を持ちます。

燃えにくいため、混合気を圧縮できるため、

ノッキングがしにくくなる。というわけです。

 

日本では、

レギュラーは大体、85~92

ハイオクは大体、98~100

です。

ガソリンメーカーでの違い

まずは、レギュラーから見ていきましょう。

 

レギュラーの場合

レギュラーの場合、実はどのメーカーにも違いはありません。

実は中身が一緒です。

各社共有として販売しているためです。

 

 

ハイオクの場合

ハイオクは各メーカー、違います。

オクタン価を上げるため、いろんな洗浄剤等をブレンドしているためです。

一つずつ見ていきましょう。

 

 

SHELL V-POWER

僕が一番好きなハイオクです。

特に深い意味はないですが、洗浄力が高いと評判だから。

ちなみに7月くらいに出光の完全子会社化してた気がする。

それでもV-Powerはなくならなさそう。

 

SHELLのサイトから拝借してきました。↓

エンジン内部を洗浄しながら保護する、 クリーン&プロテクト・テクノロジーTM

次の図は、試験用エンジンのガソリンを、レギュラーガソリンからShell V-Powerに切り替え、

さらに8,000 km相当運転し、吸気バルブへのカーボン堆積量の変化を確認したものです。

シェル独自のクリーン&プロテクト・テクノロジーTMを採用したShell V-Powerは、

走るほどに吸気バルブに付着した汚れを取り除き、重要なエンジンパーツを保護していきます。

つまり、吸気バルブの汚れをしっかり洗浄し、新たな汚れから保護することによって、

エンジン本来の性能を引き出すことができるのです。

クリーン&プロテクト・テクノロジーTM

 

シェルとスクーデリア・フェラーリは、F1の歴史の中で、最も長期にわたるパートナーシップを続けています。

公道用Shell V-Powerは、フェラーリに供給されるF1用Shell V-Powerを開発した科学者チームと共同開発された燃料です。

つまり、Shell V-Powerは、F1用レース燃料のエッセンスが多分に盛り込まれた、

シェル製品の中で最も性能の高いハイオクガソリンなのです。

参照:SHELL V-POWER

とのこと。

洗浄効果をひたすら謳っていますが、確かに効果はありそうです。

フェラーリを推してくるのはずるい。

 

 

ENEOS ハイオクガソリン

調べていたら、ENEOSヴィーゴなくなってたんですね。

びっくり。

以下、ENEOSのサイトから。

 

ハイオクトップレベルの走り

ハイオクガソリンのJIS規格はオクタン価96以上ですが、

ENEOSハイオクガソリンは国内最高水準のオクタン価。

よりエンジンにやさしいガソリンを使うことで、運転性の向上などの効果が期待できます。

環境保全に貢献

エンジン内の汚れは空気とガソリンの燃焼状態を乱します。

ENEOSハイオクガソリンでエンジンをきれいに保てば、

有害な排出ガスの発生を抑えられ、環境保全にも貢献します。

参照:ENEOS

とのこと。

SHELLと同じく洗浄力も謳っていましたが、割愛。

オクタン価の高さと環境への配慮を売りにしているようですね。

 

 

 

出光 スーパーゼアス

中上貴晶ですね。

それ以外のイメージが全くない。

 

以下サイトから

出光スーパーゼアスは低燃費!
出光スーパーゼアスはレギュラーガソリンより最大2.7%低燃費!
レギュラーガソリン対比 最大2.7%燃費向上!

参照:出光 スーパーゼアス

 

洗浄力は言わずもがな。

出光は燃費の向上率を売りにしているようですね。

 

 

 

コスモ石油 スーパーマグナム

心も満タンにするガソリンスタンドですね。

もしハイオク1000円分なら心も1000円分なのでしょうか。

以下サイトから

 

燃費!

気になる燃費もハイオクガソリンなら、レギュラーガソリンに比べて最大2.8%も向上。

燃費をよくすることで、大切な石油資源を有効に使います。

またハイオク仕様車のエンジン性能を十分に発揮することが可能です。

[燃費向上率]
図:「スーパーマグナム」使用時の燃費向上率

参照:コスモ石油 スーパーマグナム

 

洗浄力は言わずもがな。

ここは環境への配慮と燃費向上を売りにしています。

出光のスーパーゼアスと比較して、0.1パーセント(最大)燃費向上しているとのこと。

車両によっても変わるだろうし誤差ですね。

 

 

大体メジャーどころだとこんなとこでしょうか。

大体のところが洗浄効果っを売りにしているので、

正直違いはなさそうですね。

各社とも具体的な数字がなさ過ぎてよくわからん。

 

GSX-Rに乗っていた時は、ガソリンメーカーごとに違いがわからなかったので、

特に意識しなくてもいい気がします。

 

最後に

それでも僕はSHELLを使うぜ

 

 

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.