バイク

台車で借りたRC125がめちゃくちゃ楽しい件

どうも、最近友達の引っ越しの手伝いしかしていないnissyです。

実際に引っ越しを手伝うと、引っ越し業者に頼むのは安いんじゃないかという気になりますね。

今日は、昔690SMCRの修理依頼をした時に借りたRC125のインプレッションをしたいと思います。

RC125とは

KTMが出している、125ccのフルカウルバイクです。


出典: https://www.google.co.jp/amp/s/www.underpowermotors.com/entry/2016/07/05/164746/amp

他のメーカーが出してるフルカウルのバイクとは、一線を画した見た目ですね。好みが分かれる見た目なのではないでしょうか。ちなみに僕はあまり好きではありません。

一番の特徴はタンデムシートですね。ぱっと見シングルシートかな?って感じなのですが、普通に座れます。座り心地はさておいて、素敵。

スペック

やっぱり気になる、スペックです。

全長 (mm) 1995
全幅 (mm) 705
全高 (mm) 1099
軸間距離 (mm) 1340
最低地上高 (mm) 178.5
シート高 (mm) 820
乾燥重量 (kg) 135
原動機種類 4ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 水冷
排気量 (cc) 124.7
4スト・カム駆動方式 DOHC
4スト・気筒あたりバルブ数 4
内径(シリンダーボア)(mm) 58
行程(ピストンストローク)(mm) 47.2
圧縮比(:1) 12.6
最高出力(kW) 11
最高出力(PS) 15
最高出力回転数(rpm) 9500
最大トルク(N・m) 12
最大トルク回転数(rpm) 8000
燃料タンク容量 (L) 10
燃料(種類) ハイオクガソリン

出典: http://www.bikebros.co.jp/catalog/33/32_1/

乾燥135kgに15馬力と125ccにしてはパワフルです。

海外メーカーなだけあって、ハイオク指定です。

同じメーカーのDUKEと比較して、キャスター角が立っており、なおかつホイールベースが短いため、旋回性能に振った感じですね。

125ccといえど、KTM。キャリパーはBybre(実質ブレンボ)で、サスペンションはWP製です。

ちなみに、WHITE POWERというと、差別としてとらえられてしまうそうです。

実際に乗ってみた

実際に乗ってみると、めちゃくちゃ楽しい。

この角度からみるとめちゃくちゃかっこいいな。

125ccといえど、非力さは全く感じさせません。ギヤを上げて回すと、ふつうにつかまる速度が出ます。

峠道の登り坂にさしかかると、一つギヤを下げないとさすがに上らない感じはありますが、

普段リッターSSのパワーに怠けて、ギヤの変え方を忘れた僕に、ギヤを変える楽しさを教えてくれました。

 

このバイクは、フレームやらがRC390と共通です。なので、125からするとめちゃくちゃ剛性が高い。

かといって、曲がらないほど固いというわけではありません。コーナーを安心して曲がれます。

ただ、グリップの弱いタイヤを履くと剛性が勝って滑りそう。

せっかくの剛性の高いフレームなので、ハイグリップタイヤを履いたほうがよさそう。

 

ちょっと気になったのが、サスペンションが純正値だと少し柔らかすぎる感がありました。

台車なので、いじるのはやめときましたが、少し固めにセットするともっとコーナーを楽しく曲がれるとおもいます。

 

あとは、ここは完全に好みですが、僕は単気筒が大好きです。

このRC125も単気筒ですが、そこまで不快になるようなTHE 単気筒って振動はありませんでした。

しかし、コーナーを曲がるときに4気筒みたいに「フロントブレーキで荷重をかけて、アクセルを開きながら荷重をうつして。。。」みたいに深く考えなくても、適当に倒して、グリップした感があったらアクセルを開いていく。という単気筒らしい乗り方ができたので、めちゃくちゃ楽しかったです。

125ccのバイクがほしい時には、選択肢に入るバイクですね。

最後に

フロントマスクはやっぱりあまり好きになれない

 

-バイク

Copyright© 西冨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.